FC2ブログ
湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
野菜たっぷりチャーハン

DSC_0575.jpg

また1ヶ月放置したからスポンサーサイトが現れてしまった。それを消すため雑魚番屋の料理を一品アップしてみる。と言っても魚料理ではなく番外編のようなチャーハン。もともと自分用に野菜たっぷり入りのを作っていて、それをお客さんにも出しただけ。よくまあ素人がチャーハンなどと思われるかもしれないが、これ案外と受けていて注文する人が多いのだ。これ以外にも焼きうどんがありこっちも好評。本当は美味しいお茶漬けなどが番屋らしいのだろうが、これはもう少し練習してからに。
スポンサーサイト
カウンター前に20センチ幅のテーブルを付けたらバッチリ!

DSC_5266.jpg

DSC_5263.jpg


店を始めた当初、カウンター席から包丁を持つ手元が丸見えで、あーだこーだと口がさない連中から散々な指導を受けてしまった。ま、素人が手順を間違えながらオタオタ作業してるのだから突っ込みどころ満載で大汗かきながらやっていたのだ。で、普通の居酒屋のようにカウンター前を高くして、手元が見えないようにするのを考えたが、料理を出すとき手が届かなくなるとか、客との距離感が広がるような気がして、どうしたものかと思案していた。でも一から十まで丸見えなもので、心穏やかに作業できるよう改良してみようと試みた。最初は10センチほど下駄をはかしてそこに写真のテーブルを取り付けるつもりだったが、実際に置いてみたら高すぎて壁ができたようでダメ。高さをこれまでと同じままでテーブルを置いてみたらたったこれだけで手元が全部隠れてしまい、長い柳葉包丁が振れないかもと心配してたのもまったく問題なしだった。それどころかここに皿を並べたり料理を置いたりととても便利でなぜもっと早くやらなかったか悔やまれたほど。ま、身を乗り出せばまな板の上は見えるから、これがベストのようである。

次の改良箇所は小上がりのテーブルともともとあった使用目的不明な棚。テーブルは4人分の料理を並べるには小さすぎたので、両サイドに一本ずつ同じ板を足したらベストな大きさになった。棚は食器棚の下に入れているキープボトルが一杯になったので、ここに置けないかと試してみた。ま、数は大して稼げないけど居酒屋らしい雰囲気にはなってきた。小上がりは2つのテーブルを合わせると無理無理10人ぐらいはオッケー。ま、めったにそんなことはないけど。

夏の居酒屋にはやはり生ビールがなくっちゃ!

DSC_5251.jpg

DSC_5259.jpg


日々暑いですね~! みなさん熱中症にかからないよう、色々手を打ちましょう。私の場合、海へ出るときはタオルに角氷を巻いて首へくくるようにしているが、頭がすっきりし、とてもいい。
話は変わって、今回から雑魚番屋で試行錯誤したこと、現在進行中の悩みなど、も少し頻繁にアップできたらと思い始めた。ちょっとだけ余裕がでてきたのかもしれないね。で、今回はビールサーバー、冷蔵庫のことなどを。


雑魚番屋は小さな店だし、生ビールのサーバーを入れても売れなかったらどうしよう、と夏が近づいた頃酒屋さんに勧められて躊躇していた。でも、駅前の居酒屋Fのマスターヒロちゃんが、売れなくても長持ちするよと教えてくれ、夏はやっぱ生ビールだよな~と導入してみることにした。サーバーは大から小まであり形も色々だがなんとカウンターにぴったりサイズで細身のものがセレクトできた。これだと客席を減らすことなしで作業しやすい、ここしかないと思える一番の場所へ設置できたのだ。

ビール缶も5リッターの小さなのから20リッターまであるが、10リッターを2缶積み上げ、一本がなくなれば酒屋に追加発注することとした。酒屋は10リッター缶からうまくすれば430mlの中ジョッキ29杯とれると言うが、ロスが多い我が店ではたぶん25杯ぐらいではなかろうか。ここのところビールが値上げされ、10リッター缶1本の価格は5250円。これが25杯だから1杯の原価は200円ちょいかな。雑魚番屋ではこれを1杯550円で売ってる。

で結果、予想外だったが週に2、3缶出るぐらい売れている。生ビールが好きな常連夫婦など見えるたび少なくとも一人5、6杯は飲むから、最初1缶ずつ頼んでいたとき、注いでる途中ブホーッっと空になったことが何度かあった。
それと、生ビールをジョッキへ注ぐのは生まれて初めての経験だったが、意外なことにお客サンの方が居酒屋やレストランでバイトしてたとかでよく知っていて、忙しくしてると手伝ってくれたり、勝手に自分で注いで自己申告してくれたりする。

また、生ビールを美味しく飲むには毎日ホースやノズルの水洗いが必要で、これをやらないとアクのようなものが付着し、苦くなると言われている。実際私も生ビールの味は店によって違うな~と感じていたので閉店後にできなくとも翌日店を開けすぐ水洗いするようにしている。これなら楽チン。

生ビールを飲むジョッキは冷えてなくてはならないから、これを小型冷蔵庫へ入れていたが、魚が大量に入ったときなど、何をどこへ収納すればいいのだろ状態になり、ホトホト困っていた。ビンビールもホッピーも炭酸水やレモンサワーも何もかも大小の冷蔵庫へ振り分けてるし、なんとかしなくてはと、以前から気になっていた冷蔵ショーケースをヤフオクで調べ始めた。そしたら程度のよさそうなのが誰も入札しないまま残り期限1日となっているのを発見。店を立ち上げるときも欲しかったのだが、おしなべて高額で、欲しいサイズのいいものは10万円を軽く超え、とても手が出なかった。でも今回は165リッターで34900円(送料7200円)、これを見事ゲットした。これに応札がなかったのは「本体下部のトレー型のツユ受けが欠品してます」とあったかもしれないが、調理用のトレーを下部の隙間に差し込んだらツユがしっかり溜まって、偶然だろうが上手くいった。

この冷蔵ショーケース導入は電気代がたくさんかかるものの、4段の下段にビンビールとホッピーを入れ、2段目にビールジョッキを、3段目にジュースや炭酸水、お茶などを、上段には今のところ大型のペットボトルを配している。このことで、はちきれそうだった2つの冷蔵庫の中がゆったりし、小型の方を主に下処理した魚保存用、大型冷蔵庫は作った料理や調味料類、柵にとって切りつけるばかりの魚などと、かなり整理できるようになってきた。大型冷蔵庫は頻繁に開閉するし、この暑さもあり魚がすぐ傷んでしまうが、小型冷蔵庫は魚を取り出すときしか開けないから、冷気の強いところでは魚が凍ってしまうほど。なかなかいい感じになってきた。




雑魚番屋、「刺身3点盛り1人前780円」開始!

DSC_5243.jpg
土曜日のイサキ釣りで私が釣った2,5キロのマダイと友人から仕入れた1,7キロのクロダイ。
DSC_5235.jpg


いまイサキが旬でどれも腹に真子、白子を持ち、脂が乗ってとても美味い。このイサキ、自分で釣ったり仲間から仕入れたり今シーズンだけで60、70匹ぐらは捌いている。踊り串を打ち、魚焼き器で焼くと、脂がしたたり、ジュジュ、ジュジュと燃える。まあ、全部が全部でないけどどれも美味いのだ。真子・白子はさっと湯通ししてポン酢で食べたり煮付けたりするが、白子はねっとりとろけるようだし、真子も美味いしとっても口福。いま雑魚番屋ではイサキ、キンメ、シラスが途切れることがないが、それ以外にも信じられないほどの魚がある。写真は土曜日にイサキ釣をしたとき私に釣れた2,5キロはあるマダイと、友人Yさんから仕入れた1,7キロのクロダイ。クロダイ以外にもメジナ、カワハギ、メバル、小型ハタなども一盛り1000円で分けてくれた。Yさんはキンメ釣りを仕事としているので、彼からキンメを定期的に仕入れている。これはきっちりキロ1500円ぐらい支払っているいるが、おまけの雑魚があったり、大きなスミヤキ(クロシビカマス)なども入荷する。

で、現在ある魚はマダイ、クロダイ以外にキンメ2匹半、スミヤキ1匹、カワハギ7匹、イサキ10匹ほどとメバルなどの小魚数匹。これを腐らせるわけにはできないので、白味噌漬けにしたり、色々加工するのだが、それでも追っつかないから、刺し身3点以上の盛合せを780円と注文しやすくし、みんなに食べてもらおうと考えている。といってもお客に専門家がいて、指導してもらったのだが。ま、これで果たして魚がはけるだろうか?


雑魚番屋の春は魚と山菜のてんぷら

DSC_5208.jpg
右からゼンマイ、ワラビ、タラノメ、ヤマウド、セリ、ウルイ、ヤブレガサ。

DSC_5211.jpg
私の昼食。イカと山菜のパスタ。

番屋のここ数週間のメニューには山菜が加わっている。もともとこれが夢だったからうれしいのだが、山歩きが山菜採りになってしまった。