湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
サクラ林道の希少な植物に黄色いテープを巻いてきた

DSC_4429.jpg
オオヒナノウスツボ。これ、毎年草刈りされ種を落とすことがないまま生き続けていたのだろう。

DSC_4505.jpg
白銀林道のとは違う1株だけ残っていてしかも実を付けていたトモエソウ。これも刈られると種を落とせない。

DSC_4555.jpg
いまクサアジサイが盛りだった。この林道にはクサアジサイがとても多く毎年の楽しみ。

DSC_4566.jpg
ヤマユリもいまが盛りとあちこちで咲いていてくらくらするような強い香りを漂わせていた。左はオオバギボウシの花で、これもたくさんあった。

DSC_4480.jpg
ことしは珍しくウバユリの花が数株観られた。ウバユリは春にたくさん若葉を見る植物だが、誰かが好物にしているのか夏に花を咲かせることがほとんどない。

DSC_4538.jpg
この林道にはハナイカダが数株ある。これを初めて見たときはほんと驚いたね。

DSC_4498.jpg
シシウドもこのぐらいのときは美しく思えるが・・・。


迷走台風5号には困ったもんだが、なんとか土日は仕事ができたし、真鶴港への避難もなくて助かった。いま少し強い南風が吹いているけど、まあホッとしているところ。ここ最近は料理も代わり映えがしないし、ブロクの更新が滞っていたけど、久々に林道のことなどアップしてみる。

先週、気になっていたサクラ林道(実名を挙げると検索されるので勝手に命名)の希少な植物が刈られないよう、黄色のテープを巻き、回りを少し整理し目立つようにしてきた。というのも県の林道の担当者が変わり、毎年草刈り時期に連絡をくれていたのが無視されるようになったから。一個人の希少な植物を刈らないでくれ、なんていう注文などいちいち聞いてられるか、ってことなんだろう。テープをグルグル巻きにしたのはバアソブとオオヒナノウスツボとトモエソウとソウシシヨウニンジン。以前はシロバナショウジョウバカマやサクラガンピ、ヒキヨモギ、カキランにも目印を付けていたけど、カキランは盗掘され無くなったし、ヒキヨモギは逆に刈った方が良さそうだし、サクラガンピやシロバナショウジョウバカマは大丈夫そうだからそのままとした。意外だったのがトモエソウ。以前4株あったが一番大きく蕾を付けてた1株が盗掘され、他の3株は小さくひょろひょろで回りの植物に負け花を付けることがなく、もうだめだろうと諦めていたが、久々に探してみたら、1株だけ残っていてしかも実を付けていたのだ。で、白銀林道の3株とこの1株のトモエソウが今年咲いたのだ。

話は変わるが、植物観察しながら歩いていると、上空に大きな猛禽を発見する。はじめノスリかなって思ったが、とても大きくてすぐ違うのが分かる。でもノスリかと感じたようにトビとは形が違うのだ。しかもでかい。ということはクマタカか。カメラのレンズがマクロの55ミリだけど、とりあえず記録だけでもとカメラを向けるとスーッと視界から逃げていく。消える瞬間の後ろ姿は捉えたが、これからは正体が判別できなかった。だが、トンビならレンズを向けてもすぐ消えるようなことはめったにないから、これはたぶんクマタカではなかったろうか、と思っている。その前週林道を歩いた時、ノスリの巣立って間もないヒナと思えるのが林道から飛び立ち、すぐ近くの木の枝に止まった。以前のフクロウのヒナのように追っかけると短く飛んで遠くに逃げないのだ。巣立ちがこの時期なのが疑問だが、でもそうしか考えられなかった。とまあ、2週連続の猛禽との出合いだった。



スポンサーサイト
塩漬けしてた梅を今日取り出し土用干にした

DSC_4446.jpg

梅雨入り前に黄色く色づいた梅を収穫し、塩漬けにしておいたのを、梅雨明けしたことだし、今日土用干しにした。庭の梅は今年不作で使えたのが2キロ半ぐらい。ま、私は梅干し作りが初めてなので、失敗してもまあいいかなって分量ではあった。でも、見てのとおりわりと上手くいったのではなかろうか。いまはネットでなんでも調べられるからほんと便利だね。3日間ほど干して、ビンに一段詰めるごとに防カビ用にホワイトリカーを霧吹きで噴霧し、赤ザラメをふりかけてまた一段と重ねていけば完成となる。潰れた1個を味見したらちょっとしょっぱく若い酸味があったけどかなりいけるような。梅の重さの13パーセントの薄塩にしたからカビが出ているのではと思ったが、用器類はよく消毒したし、これはセーフだった。これで添加物のない梅干しがしばらく味わえるし、赤い梅酢は紅生姜などに使えるし梅干し作りも楽しいね。


スミヤキがスーパーに並ぶのは神奈川県の小田原周辺だけ?

DSC_4404.jpg

DSC_4399.jpg


このスミヤキという深海の魚、脂が乗ってとても美味いのだが、皮の下に小骨があり、それを除きながら食べないといけないし、色が黒っぽく見た目が悪いのから、下魚扱いする地方もあるようだ。だが、神奈川県の相模湾周辺では人気があり、小田原あたりでは魚屋だけでなくスーパーでも売られているとネットの「市場魚貝類図鑑」にあった。実際、真鶴駅前の居酒屋ではショーケースによく入っていて、私もよく食べるし、先日観光客に勧めたら大変感動していた。このスミヤキ、水深260mで釣ったが、内臓壁に脂肪の塊があり、小さ目な卵があった。焼くとジュジュと脂がしたたり、その白身には上品な脂があって醤油なしでもとても美味かった。こんがり焼けた皮にはもっと脂があり最高にうんまい。左のトマトと塩だれキュウリにはあ亜麻仁油ドレッシングをたっぷりかけていただいた。今朝出しが切れていたので、出しパックとコンブで出しを引きそのまま味噌汁を作ったが、今回の具は頂いたジャガイモ、大根、油揚げだけ。とても美味しいがだしの素のとどう違うだろうか?ご飯はちりめん山椒とまだ残っているキャラブキ。冷ご飯は日本酒をふりかけチンしたもの。まあ、健全な朝食ではあるな。


グルタミン酸ナトリウムの呪縛が少しは解けたか?

DSC_4392.jpg
昨日のトンカツの残りを今朝カツ丼にしてみたが、つゆが多すぎて少し濃くなってしまった。煮こぼせばよかったか。

DSC_4368.jpg
昨日の朝飯。サバは釣れるのだが、今はナシ。弁当用にストックしてあったノルウェーサバと具沢山の味噌汁、野菜の塩もみ。

DSC_4361.jpg
昨日の昼飯。蕎麦は茹でたあと氷水で締めると美味くなるように思うがどうだろう。

DSC_4340.jpg
一昨日の昼飯。ハンバーグは市販のもので添加物無しのもの。木綿豆腐はセブンのもので国産大豆使用のもの。この努力をもっとしてほしいね。


初めて鰹節削り器と本枯れ節を買ったのが2015年の11月だからもう1年7ヶ月は経っている。この間休まずずっと鰹節や昆布でだしを引いて味噌汁や蕎麦つゆなど作っている。それ以前の食事はただ腹を満たせばいいだけで、脂っぽいもの、インスタント食品、味の濃いものなど腹一杯食べていた。しかもタバコも数年前まで一日40本ぐらい吸っていたから、私の舌はきっとひどいことになってたはずだ。食べ物の味はだしの素のグルタミン酸ナトリウムなど、いわゆるアミノ酸等が主で、魚や野菜、肉などの旨味の他はほぼこれに支配されていたのだ。なので、微妙な味の差などほとんど分かってなかったかもしれない。ただここへきて、ものを味わうということがほんの少しだけできるようになったような。でもまだまだダメで、きっとだしの素とカツオと昆布だしの味噌汁の味の違いが分からないかもしれない。特に具の多い味噌汁だとその可能性が高いかも。こんど2種作って食べ比べてみようかな。写真はここ2、3日の食事。


丁寧に下処理したアラは2週間経っても腐らなかった

DSC_4302.jpg
昨日の昼食の冷したぬき蕎麦と刺身の定食。なぜか飽きない、

DSC_4307.jpg
釣り上げてから15日目のアラのアラの塩焼き。痛み易そうな皮までも腐ってなかった。


上の写真は昨日の昼飯で、またもや冷したぬき蕎麦と刺身2種盛り。蕎麦と刺身が合うかどうかは別にして、マグロが古くならない内に食べようと思い刺身にしたが、ちょうど2週間前に釣ったアラの切り身はもう食べられないだろなと出してみたら、臭みもドリップも出てなくていけそうで、ならばと2種盛りにした。10日ぐらい前に4、5日寝かせたのを刺身にしたときはきれいなピンク色でまだ身が硬かったが、昨日のは色が少し黄ばみとても柔らかくなっていた。そしてマグロよりずっとうまかった。上右は庭の小松菜のおひたしだが、冷したぬきのオクラは買ってきたもの。まだ1本しか収穫していないのだ。そして、今日の昼食に食べたのが下の写真。これはアラのアラの塩焼きでこれも下処理をバッチリしておいたら15日経ってもこんなにきれいなままである。下処理はブラシで血合いや汚れをまったく残さないようにし、キッチンペーパーで水気を切ること。これ、後半の1週間近くペーパーの交換をしないままだったが、はじめは2日に1回ぐらい替えていたからもったのだろう。次は2日ごとぐらいに刺身を食べて、いつが食い頃か比較してみたい。