湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
枝の上にクルミの半割が

2015:8:18:5984


今回の話は前項の散策のことと意外な場所で遭遇したリスの2本立て。

檜林の中へ少し入り込んで林床を観察してたとき、クルミが半分にされたリスの食痕をいくつか見つけた。近くの遊歩道脇にクルミの木が3本あるが、まだ10才を超えたばかりで、5、6年前までは背丈が低いし枝も短く実も少ししか生らずリスもあまり利用してないだろうと思っていた。

しかし今年あらためてしげしげ見上げたら、もう立派な木になっていて、枝振りもよく上空の天敵から隠れられるほど葉も茂っていた。そんで18日に見たときは初夏にたくさんあったクルミもほとんど無くなっており、これはひょっとしてリスが来ているかも、と思ったばかり。

その結論が写真である。林床だけでなく、ふと目の前の枝の上に現れた半割のクルミ。強い風が吹けば落ちるし、雨上がり後なのに中に水もたまってないし、ひょっとして食べたばかり。雨を枝がかわしたとしても10日も前のものではないだろう。
リスの総数は少なくなったけど、二本木、三本木を含めて10本ほどクルミのあるエリアでは細々と命をつないでいるようだ。


大移動中のリスと遭遇


少し前の項目で触れたが、一匹のリスと信じられないような場所で遭遇したのである。そこは草原の周囲を走る舗装された遊歩道上で、尾根となっているところ。ここはリスが生息できる森はなく木がほとんどない見晴らしのいい3キロ四方ぐらいのオープンスペース。この真ん中近くで、まさかリスに出会うことは想像すらできなかったのだ。

この場所をもう少し詳しく説明してみよう。
尾根の高い方から海方向を見下ろすと、湯歩道の左手に小さなヤシャブシの林があり、その先は広い草原の谷となっている。
反対の尾根の右手には一面ハコネダケが密に茂ったブッシュの深い谷があり、対岸の尾根は同じ高さの南郷山という山になる。ここにはリスが生息しているが、南郷山の尾根まで直線で結んでも1キロぐらいあるし、密度の高い笹ブッシュの中は通り抜けられないだろうと思ってた。
また左手の草原を越えることもリスには無理だろうと思えるが、もし越えられたとしても、松のある森までゆうに1キロ以上はある。

尾根から海方向を見て、背中側にも南郷山と続く山があり、エビフライの見られる松林がこれも1キロ数100メートル先にある。ただここへ行くまで笹ブッシュが続き、リスが登れる最初の木までも1キロはある。海側には松のある森はないし、開けているからリスがそちらに下っていたとは思えない。
リスはこの尾根の遊歩道をまたぐヤシャブシの枝にいて、左のヤシャブシばかりの小さな林へ逃げ込んだが、そこにはエサはないし、先はカヤの草原で木はないし、ここでいったい何をしていたのだろうか。

このリスはおそらくなにかの理由で大移動の途中だったろうと思う。そして、リスが来たのは四方の内の右手、南郷山からで、深いブッシュの中にところどころに木が見られ、この根元あたりに獣道でもあってそこを走って来たのではと推測した。

しかし、南郷山からここまで短くみて1キロとしても、ここから松のある森まで草原方向、北方向とも1キロ以上の距離がある。もし引き返すとしても往復2キロ。草原を越えるような行動をとったら一日の行動距離が3キロ以上になることもありそうだ。
行動半径が250メートルとか、300メートルと言われるリスだがこのことから一日に2キロ以上も移動することが分かった。リスの行動距離が言われているのよりずっと長いはずと考えてきたけど、この偶然の遭遇ではっきりした。

クマタカを見た水源あたりのリスの巣から、写真のクルミの木までは森の中を直線で結んでも1キロ半はありそうだし、もっとも近いクルミで1キロほど。その直線上にクルミの殻を何度か発見していて、片道1キロは移動してると思ってたからこれですっきり。

しかし木のないオープンスペースをリスが行くか(?)。ン?、ということはオオタカやノスリの天敵がいなくて、しかも草原へ続く獣道の日中移動なのでテンもイタチも昆虫など食べに歩かない(?)。ただトンビはいつも飛んでるね、これが唯一危険で、案外安全なのかもしれない。少し考え直さなきゃ。



スポンサーサイト
久々にリスの巣発見!

2014:11:19:4022


やー、ほんとに久しぶりにリスの巣発見だった。この松は、林道脇数メートルにコナラなどに交じって一本だけあるから目立ち、以前から顔見知りの木だし、見つけたときはまさかこんなところにと驚いた。

この周辺でこれまで発見した全てのリスの巣が連続する松の一本に架けるものだから、過去のリスの巣にはなかったパターンだ。
リスがあまりの松枯れ進行速度に驚いて、新しい巣の場所を模索しているのかもしれない。

ただ、この巣がいま使われているかどうかはビミョーなかんじ。下からはテンなどが発見しずらそうだが、林道を歩く人間の目にはすぐ分かるから、作ったはいいが失敗に気付き放棄した、みたいに思えたのだ。

最近リスの巣が発見できないのは、リスの数が極端に減ったことと、松枯れのため松以外の木に架けるようになったのじゃないかとこれまで考えていた。丹沢がいい例で、ここは松がほとんどなく、ホウノキやらコナラなど、何の木にでも巣を架けていた。

こんど少し周辺を観察してみよう。なにか見つかるかもしれない。


エビフライもクルミの殻も増えていた


2014:4:14:2:0769
4月14日、二本木の松の下の食痕。
2014:1:21:2:8660
1月21日、二本木の松の下の食痕。


2014:4:14:0766
新しく上手に割ったクルミの食痕。1月21日のはヘタな食痕だったから、別個体か?
2014:4:14:0773
近くに貯食したのを掘り出したばかりの穴が。


2014:4:14:0753
ネズミの食痕のようなクルミの空があったが、よく見ると、殻の中に爪痕が。
2014:4:14:2:0753


14日の続きだが、クルミの木が2本ある、二本木へ行き、万作くんにリスの食痕をみてもらったが、そのとき前回来たときよりエビフライもクルミの殻も増えているのに気づいた。ここだけで数回分あるだろう。その他にもごく最近クルミを食べた新しい殻があったり、2箇所だが掘り起こした新しい穴を見つけたりと、今もリスが来ていることがみえたのだ。

ただ、前回チェックしたのが1月21日なので、それほど頻繁ではなさそうだ。近くの三本木を調べなかったが、たぶんここにも通っているだろう。ここに来るリスの数は多くないし、どこから来るかもよく分かってない。これをこれから調べてみたい。

あと、二本木で不思議なクルミの食痕を見つけた。これは一見ネズミの仕業に見えるし、食べたばかりか周囲に齧り屑が落ちていたが、写真を拡大して見てたら、殻の中に引っかき傷があるのを発見した。縦横に交差してるし、歯形でなくツメの痕なのが分かるが、これがネズミなのかリスなのか。

つらつらとそれを考えたが、中身を取り出すときに付けたツメ傷で、ネズミのツメではたしてこれほどの傷になるだろうかと思った。とするならリスのもの。そして、この食痕はリスのものということになる。中身が上手く取れなかったから、こんな複雑な食痕になったんだろうか?しかし、右下にはネズミ特有の穴が空いている。やっぱりネズミか〜。いやいや、これはネズミとリスの合作と考えた方がいいのかも。



クルミはどこへ行った?


2014:1:21:8614
下手な割り方をされたクルミ。若く慣れないのか、急いでいたのか?


三本木近くにクルミが2本ある「二本木」もあり、この両方の地面を調べて行った。

だけど、クルミの殻は相変わらず少なく、ここに大量に成ったクルミはいったいどこへ行ったのだろうと疑問がわく。
近くに貯食場所があると思うが、周囲に掘り起こした穴と思えるのが数箇所あるだけ。
普通ならほぼ全てのクルミをリスが食べるか埋めるかしているはずだが、リスが少なくなった今も同じだろうか?

地面に殻が無いということはどこかに貯食しているのだが、周囲はカヤ場があるぐらいで高木や常緑樹が少なく、開けた感じの場所。
なので、見通しがよくリスには危険で、クルミの木の側でのんびり食べることはまずないと思える。
そのせいなのか、クルミの殻がみなきれいに割れてない。それともリスが減って上手に割るベテランリスがいなくなってしまったか?


2014:1:21:2:8660
リスが作ったエビフライとクルミの殻。左にはノウサギの糞もある。樹木の根元にはドラマがある。


上の写真は、二本木から数10メートルに一本だけある松の木の根元にあった食痕。
リスのエビフライを確認に行ったら、エビフライと一緒にクルミの殻がいくつかあった。ここまで運んで食べているのが分かったが、これもクルミの割り方が下手で、上の写真のクルミを食べたヤツと同じ個体かもしれない。

また、エビフライは最近作られたもので、クルミも比較的新しそうなのから考えて、最近貯食したのを掘り出して食べたのだろう。

この場所はリスがどこからアプローチしているかもよく分からないし、謎だらけ。
もっと調べなきゃダメだね。

松枯れ前と後!

松枯れを嘆いてもしょうがないけど!


2010-5-2-9414:2
2本倒れている松の奥側が下の写真の松/

risu-7:2
小鉄が毛繕いをしている枝は道路の反対側へ渡るリスの通路/ここで色々なドラマが見られた/

松枯れを嘆くのに、ピンとこない方が多いと思うが、それには、枯れる前にそれぞれの松でリスなどを撮影した想い出があるから。

写真のように、通路だったり、遊んだり巣を掛けていたりした松30本ぐらいは形までもウロ覚えているから、大げさに言えば知人の死を見ているようなもの。
しかも、そこを林道へ行くたびに通るわけで、よけいに心に刺さるのだ。分かってやってくだされ。

それに、多くの松を全部知らなくとも、そこがリスの生活エリアであり、走り回っていた姿が想像できるのだ。それが枯れて倒れ、開けてしまい、生活できる環境じゃなくなるのだ。

フクロウの巣の松が倒れてしまったら、どうしよう。何年後だろ?