湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
イタチはツルウメモドキを食う


2014:1:21:8600
右下はコナラのドングリの食べかけ。やったのは誰だろう?


2014:1:21:8640

2014:1:21:8644


昨日はクルミが3本ある「三本木」と名付けた場所へ行ってみた。

そこで、リスの食痕を探していたら、木の根元にイタチ糞を発見する。はじめ、糞と分からないぐらい小さく、しかも赤い色をしてたが、太さが5ミリぐらいのかたまりの中に、小さなタネがいくつも入っていてそれと分かったのだ。

イタチもテンと同じく倒木の上だとか目立つところに糞をするが、これは目を凝らしてやっと判別できるような場所にあった。

で、はじめ何を食べたのか分からなかったが、周辺の地面にやたらツルウメモドキの実が落ちていて、蔓に成っている赤い実も発見する。
これをつぶしてみたら、タネがそっくりだった。こんなのに栄養があるのかと思うが、まあ食べているのだからなんとかなるのだろう。

あとでセブンの幕の内弁当を食べながら、人間はなんて贅沢な生活をしているんだろう、イタチやテンに悪いな〜としみじみ思ったのだ。

スポンサーサイト