湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
これはイノシシを食べたテン糞だ


2009-2-3-2-0451.jpg

2009-2-13-2-702


隊長がブログで糞を洗ってもシカなどの毛や骨が入ってないことから「テンは腐肉を食べない?」という疑問をアップされていたが、小川羊さんのHP「奥多摩けもの道」ではシカの死体に2ヶ月間カメラを設置し、これを食べるテンやハクビシン、タヌキが撮影されている。なのでテンが腐肉を食べるのは間違いなさそうだった。

ただ、シカの屍骸を主に食ったのはハクビシンで、テンは一番最初に来たのに、カメラを気にし、少し尻にかじりついたぐらいで、後に現れなくなってしまった。テンは古過ぎる腐肉は食べないのかもしれない。

写真は2009年の2月に拾ったテン糞で、下がそれを洗ったもの。これを撮影したときは、誰の糞か分からなかったが、いま見ると太さ長さからまずテン糞と思える。この内容は隊長のコメントで大腿骨頭などの大きさからイノシシの10キロクラスのウリボウではないかとのこと。10キロもあればテンが襲うこともないだろうから、テンはイノシシの屍骸も食べているのが分かる。

また、論文「久住高原におけるテンの食性」荒井秋晴、足立高行、桑原佳子、吉田希代子の糞分析にキツネとイノシシのものがあった。だから隊長の拾った糞にたまたま入ってなかったということかもしれないし、大きい動物は新しい屍骸の内蔵あたりを食べるだけで、古いのは他の動物に回るのかもしれない。
だけど、小さいイノシシだと、骨まで食べている。これはなぜだろう? よほど腹が減っていた?それとも骨が細いからテンにも砕け、かぶりついたのか?

また、「木曾駒ヶ岳〜におけるホンドテンの食性」という論文も見つけたが、これはまだ読んでいない。「久住高原におけるテンの食性」の参考文献にあったから、きっと内容のある論文なのだろう。


スポンサーサイト
食べ物が少なくなってくる


2012:1:12:1666
テン糞の中にエノキの実のタネがみえる/

2012:1:12:1667
カラスがカラスザンショを食べていた/


17日は晴天で暖かく、午後から久々に林道へ行き4キロほど歩いてきたが、何かを観察するというよりほとんどリハビリ状態。

ここのところまったく歩いてないから、ひどい運動不足になっている。海じゃ上半身は使うが、足はバランスをとるだけで、椅子に座っていることが多いし、まったくダメなのだ。

で、カメラはいつものように望遠レンズを装着し、何か出てくればすぐ撮れるよう準備し、マクロと広角2本をポケットへ入れて散策したが、鳥には逃げられるし、動物の気配はないし、植物も冬眠しているものばかりで、何の収穫もなし。

最近、野生の本能がまったく働かない。

しかたないので、一昨年の1月12日に撮影した、テン糞と前にもアップしたカラスのカットを。ブログを引っ越ししたからズルできるね。

テン糞には先日隊長が湯河原で撮った写真と同じエノキの種子が入っているのが見える。林道のテンは毎年この時期エノキを食べているのが分かる。

下の写真は、カラスがカラスザンショを食べている証拠写真。
カラス○○は、イヌ○○のように役に立たないという意味ではないんだね。
これを食べるのは他に誰かいたっけ? 落ちたのをキジが食べているのは見たことあるが。カラスザンショのタネだけのテン糞もありました。

森の中はこれから春にかけてだんだん食物が少なくなってくるよ。