FC2ブログ
湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
25日、町役場の農林水産課の人とシカの痕跡を見てきた。

野生生物探検隊


DSC_5352.jpg


DSC_5356.jpg


DSC_5375.jpg


12月10日、探検隊のみんなと久々に白銀林道を散策したのだが、その昼食のため腰を下ろした場所でなんとシカの糞を発見!周辺には体を横たえた痕跡やウサギの食痕と見てたものがシカのものと分かったりで、ついにこの時がやってきてしまったかと大変なショック。湯河原の森は以前から紹介してきたように自然がとても豊かで、動物、植生も変化に富んでいる。これがシカに荒らされた丹沢のようになってしまうと想像すると心が大きくざわつく。丹沢の林床にはほんと何も生えてなくて尾根筋を歩くと土が露出し木の根が地表を這っている。シカの背が届く2メートルぐらいまでにある植物はほとんど餌となっているのだ。その上夏場にはヒルがウジョウジョ居るし、これもシカが原因である。
そんで、居ても立っても居られず、とりあえず町役場に報告するすることに。そしたら、農林水産課の担当者に取り次がれ、2年ほど前からイノシシ罠にシカがかかるようになってきたと教えられた。なんとなんと、私がちょうど林道探索をしなくなった頃からだ。で、このシカはヒルを持ってないから丹沢方面からではなく伊豆からではないかと猟友会の人が言っているとのこと。私は湯河原の標高1000メートルのターンパイクの上の箱根との境界にある白銀山山頂付近に10数頭ぐらい生息してるシカの存在は知っていたが、標高550メートルの白銀林道まで下りるのは広大で密な笹林に阻まれて無理だろうと考えていたし、実際通りすがり個体は居たが、食痕の無さから住み着いたものは居ないと判断できていた。それが、それが・・・。
で、とりあえず農林水産課の担当者に現場を見てもらおうと25日の午前中に一緒に行き、ついでに周辺の食痕や糞、足跡や角研ぎ痕なども確認した。そしたら探検隊で初見した時よりはるかに盛大に周辺のカラスザンショの葉や枝が食べられてた。ここ2、3年林道周辺の森から檜を切り出すためにジャリを敷き詰めた搬出道路があちこちにできていて、切り開かれた道路脇にオピニオン植物のカラスザンショがいっぱい生えている。これがシカの好物のようで、ノイバラなどと一緒にゆうに100本以上の丸坊主になったのを目撃。
そのあと、林道に戻り周辺を見たが食痕はまだ森の中だけのようで、幕山山頂まで一緒に歩いてみてもまだシカの痕跡は全くなかった。農林水産課の担当者は自身も湯河原の農家でイノシシ被害のため猟銃を所持するかなり動物を理解している人。丹沢や伊豆の状況もよく知っているようで、なんとかしてくれるようお願いしたのだが、果たしてどうなるやら。10頭か多くて20頭の今なら一頭捕獲で5万円ぐらい報奨金を出せば、猟友会の人も本気で狙ってくれるハズ、と言ってみたが、現状の8000円が限度とのこと。でもこの方、将来を憂いていた(続く)


スポンサーサイト