湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
森林率と幸福度は比例しているかも?


2014:7:8:2782


いま、戦争や紛争をかかえている国々の多くが森林や水の少ない地域である。
美しい自然、豊かな自然が少ないと、心が荒んで争いごとが多くなる、と短絡的に見てしまうのだが、下の表にあげた「世界の森林率」などながめると、そう的外れとは思えない。

下位のハイチ(192位)、シリア(196位)、アフガニスタン(199位)、パキスタン(200位)、イラク(201位)、パレスチナ(202位)、ヨルダン(206位)、リビア(217位)など、よく知られた紛争地はどれも森林率が極端に低いところばかり。

ただ、この表の中の北朝鮮の45,95%はちょっとあやしい気がしている。北朝鮮は国策で国土をいじくり回しているし、ネットで風景写真や衛星写真を見ても山に木がなく、土がむき出しになっているところがほとんどなのだ。
これでは山に入って薪や山菜など採ることもできないだろうと思う。

森林率はまた、争いごとだけでなく、幸福度も表してているかもしれない。「幸福の王国」をめざしているブータンは森林率84,90%と高く世界7位の国。ブータンは「国民総生産」より「国民総幸福量」を標榜しているのはみなさんご存知だろうが、やはり幸せは豊かな自然の中で育まれるのだろう。

森林率の高いのは 仏領ギアナ(1位 96,71%)、ミクロネシア連邦(2位 91,66%)、セイシェル(4位 88,48%)、米領サモア(5位 88,40%)、パラオ(6位 87,61%)、ブータン(7位 84,90%)と、金は無くてもなんとなく幸福度の高そうな国ばかりではないか。

これらの小国は経済が自立せず、大国や国際援助に頼って生活しているのが目立つが、それでもなんとかなるさ的にのんびり生きている風に見えるのだ。

森林率ばかりでなく豊かな海の幸が多いところも幸福度が高そう。だけど、これら自然から恵みをいただく一次産業には限度があり、略奪のような漁を続けててはすぐに資源が枯渇してしまうし、森や農地も一度壊すと再生はままならない。福島のような再生できない風土を作る原発なんて、論外だろう。

その海や森の生産能力を見極め、限度以上に開発や収穫をせず、うまく共存していける状態がその国の国力だと思う。そのためには政治家は風土をよく知り、知恵をはたらかさなくてはならない。
日本は幸いなことに森林率も非常に高く、回りを海に囲まれた自然の恵み大国である。まだ間に合うと思うのだ。

何が間に合うのか。問題なのは超高速化したグローバル社会の中に広がってきた極端な貧富の差である。この貧富の差が心を荒れさせ、先々の争いの芽となる。この流れを止めることである。日本の格差をなくし、誰もが心穏やかに生活できるようにすることだ。

いま派遣社員やアルバイトで働く1000万人が年収200万円以下と言われている(正確ではない)。もしこれが本当なら40年近く前の水準に戻っていることになる。

なら、働き手が不足している一次産業へ回帰し、食料自給率100%超をめざしたらどうだろう。農業や漁業で年収200万はゆうに稼げるし、経験するほど腕が上がるし、仕事として面白いハズ。
自分で栽培したものはとうぜん自家消費するし、近所から貰い物なども多い。なので経済に上らない実入りもあり、仲間ができたりと、楽しいことも多いのである。
なんで国はこんな政策を打ち出せないのだろ?

そんで、野心の強い人が昔海外をめざしたように世界をまたにかけて働きたい人はグローバル部門へ就けばいい。ただし、外国ではその国を食いつぶすのではなく、その風土を守りつつできうる最大限の経済活動をする。ま、恨まれないようにすることだね。

して、わが湯河原・真鶴を見ると、海を望む斜面にミカン畑が広がるが、ミカン農家はどこも跡継ぎがなくて、近い将来絶滅しそうな気配だし、漁業も後継者が少なく、定置網の従業員は日本全国から来た若い人達である。
熱海市網代の定置網にも外から来た若い衆が10人ほどいるし、この若者達はほんとによく働くのだが、これがいつまでも続くには受け入れる側、環境が殺伐としていてはどうにもならない。金、金、金の世界は小さな田舎町をも席巻し、夢をもってやってきた若者をがっかりさせるかもしれない。

また、魚が獲れないことにはどうにもならず、定置網漁は崩壊してしまうだろう。
年寄りに聞いた昔の漁業は、いまとは桁違いの漁獲量で、たとえば2トンもない小舟で出て、一人一日で400キロも高級魚を釣り上げた、なんてことがよくあったようだ。キロ3000円と安く見積もっても1,200,000円にもなる。

この魚はベニアコウダイと呼ぶ深海魚だが、いまなら一日6、7キロ物を1本釣れればキロ4500円として約30000円で、毎日一本確実に釣れるなら仕事にはなる。これを残しておいてほしかった〜が、30年も前にはこんなのがたくさんいたのである。
しかし、この資源はあるていど復活させられるかもしれないと考えている。

ただ日本の食卓は魚離れが極端に進行し、魚価がどんどん下がっていて、漁が成り立たなくなりつつあるのがつらい。
食文化というのは、地域から生まれるもので、これぞ風土そのもの。魚の生命の奪い方から、美味しく食べる方法まで、人が生きる上で知らないで済まされるものだろうか?

いま都会の一般家庭で魚を一匹丸まま買うことが無くなっている。釣り客ですら釣り上げた魚を触れないどころか、プルプル動くアジをぶら下げて「これなんですか?」と再々聞かれるのだ。

人の心の故郷、心のアンカー「風土」も持たず、世界中のあらゆるところから輸入した食物を誰が作ったか知らずに食べ、労働力を安く売って生活する。こんな豊かな資源のある国で、そんな生き方をする必要があるのだろうかと思う。

地域を再生するには一次産業だけでなく、電力会社をいまのような経済の中に置かず、数県が合同で経営するとか、県ごとの小型発電所を多くするとかして、労働場所を確保したり、CO2が出ない新しい電力を考えたりしなきゃいけない。あらゆるチャンネルを使ったりアイディアを練って地域に若者がとどまるようにしたい。

いまの安倍政権や世界情勢を見ていると、どんどん貧富の差が広がり、争いごとが多発し、末世のようになりそうな予感がする。
たしか、いま世界中で食料が足りない人々が全人口の半分いるのではなかったか。その中で飢えに苦しむ子供達が8、9億とか。
そんな途上国から食物を輸入して、半分も残し捨ててしまう日本て、なんだろうか。

デタラメな私がこんなことを書く資格があるかどうかだが、ただ言えるのは、私が育った高度成長期前からの田舎の変化と社会の変化、その中でいつも迷い、もがいてきた心があったということ。

だけど、コンビニ弁当や買い物袋の過剰包装がアラブの石油でできていると分かっても、電気を使い過ぎと分かっても、ついつい便利な方へ行ってしまう自分がいる。
少しなんとかしたいのだけど・・・。


2011年 世界の森林率/

1 仏領ギアナ 96.71
2 ミクロネシア連邦 91.66
3 スリナム 90.06
4 セイシェル 88.48
5 米領サモア 88.40
6 パラオ 87.61
7 ブータン 84.90
8 ガボン 82.19
9 ソロモン諸島 76.38
10 セントルシア 75.81
11 ニウエ 71.15
12 ガイアナ 70.73
13 マーシャル諸島 70.22
14 セントビンセント・グレナディーン 68.67
15 ラオス 66.19
16 日本 66.11
17 コンゴ民主共和国 65.60
18 ブルネイ 65.55
19 北マリアナ諸島 65.54
20 ザンビア 65.51
21 コンゴ共和国 65.49
22 フィンランド 65.47
23 クック諸島 64.58
24 プエルトリコ 63.22
25 スウェーデン 62.63
26 韓国 62.22
27 スロベニア 61.91
28 パプアニューギニア 61.76
29 マレーシア 61.58
30 ブラジル 60.76
31 アンギラ 60.64
32 ベリーズ 60.23
33 サモア 60.21
34 ドミニカ 59.19
35 台湾 58.07
36 赤道ギニア 57.55
37 米領ヴァージン諸島 57.43
38 ギニアビサウ 55.69
39 フィジー 55.69
40 カンボジア 55.05
41 コロンビア 52.90
42 ペルー 52.79
43 ラトビア 52.19
44 ボリビア 51.78
45 コスタリカ 51.42
46 ベネズエラ 50.42
47 グレナダ 49.97
48 インドネシア 49.22
49 東ティモール 49.15
50 エストニア 48.86
51 モザンビーク 48.55
52 ケイマン諸島 48.11
53 グアム 47.93
54 ロシア 47.32
55 アンゴラ 46.81
56 ミャンマー 46.50
57 オーストリア 46.40
58 北朝鮮 45.95
59 ニューカレドニア 45.16
60 ホンデュラス 45.09
61 トリニダード・トバゴ 43.99
62 リヒテンシュタイン 43.13
63 パナマ 42.95
64 マルティニーク 42.92
65 セネガル 42.87
66 パラグアイ 42.79
67 ボスニア・ヘルツェゴビナ 42.67
68 ガンビア 42.64
69 セントクリストファー・ネイビス 42.31
70 ベトナム 42.12
71 ウォリス・フトゥナ諸島 41.86
72 ベラルーシ 41.76
73 カメルーン 41.43
74 ドミニカ共和国 40.52
75 仏領ポリネシア 40.00
76 スロバキア 39.42
77 モンテネグロ 39.32
78 ベナン 39.31
79 グルジア 39.31
80 ジンバブエ 39.15
81 マケドニア 39.00
82 リベリア 38.60
83 グアドループ 37.84
84 シエラレオネ 37.73
85 エクアドル 37.71
86 ポルトガル 37.57
87 バハマ 37.10
88 タイ 37.00
89 スペイン 36.29
90 中央アフリカ 36.24
91 タークス・カイコス諸島 36.21
92 バヌアツ 36.10
93 ブルガリア 35.88
94 レユニオン 35.30
95 タンザニア 34.86
96 アンドラ 34.04
97 クロアチア 33.99
98 チェコ 33.71
99 ルクセンブルグ 33.49
100 ツバル 33.33
101 リトアニア 33.20
102 グアテマラ 33.07
103 メキシコ 32.91
104 スワジランド 32.68
105 コートジボアール 32.26
106 ノルウェー 31.32
107 セルビア 31.24
108 カナダ 31.06
109 ドイツ 31.01
110 アメリカ 30.96
111 ニュージーランド 30.86
112 ジャマイカ 30.64
113 イタリア 30.62
114 スイス 30.15
115 ポーランド 29.95
116 ギリシャ 29.81
117 スーダン 29.31 7
118 フランス 29.14
119 スリランカ 28.13
120 サントメ・プリンシペ 28.13
121 ルーマニア 27.73
122 マラウイ 27.04
123 アルバニア 26.96
124 ギニア 26.47
125 キューバ 26.43
126 フィリピン 25.73
127 モントセラト 25.00
128 ネパール 24.70
129 英領ヴァージン諸島 24.27
130 ニカラグア 23.35
131 南スーダン 23.00
132 アンティグア・バーブーダ 22.27
133 ベルギー 22.24
134 ハンガリー 21.91
135 中国 21.84
136 チリ 21.52
137 マダガスカル 21.29
138 カーボベルデ 21.04
139 インド 20.86
140 ブルキナファソ 20.38
141 ガーナ 20.23
142 バミューダ 20.00
143 バルバドス 19.44
144 ボツワナ 19.31
145 オーストラリア 19.17
146 キプロス 18.73
147 モーリシャス 17.17
148 ルワンダ 16.89
149 ウクライナ 16.12
150 キリバス 15.00
151 トルコ 14.62
152 エルサルバドル 13.43
153 レバノン 13.11
154 エリトリア 12.99
155 デンマーク 12.67
156 ウガンダ 12.00
157 サンピエール島・ミクロン島 12.00
158 トンガ 12.00
159 イギリス 11.86
160 モルドバ 11.54
161 モロッコ 11.51
162 ノーフォーク島 11.50
163 エチオピア 11.01
164 アゼルバイジャン 10.81
165 アイルランド 10.64
166 アルゼンチン 10.49
167 ソマリア 10.46
168 ウルグアイ 10.15
169 マリ 10.01
170 バングラディッシュ 10.00
171 ナイジェリア 9.34
172 チャド 8.91
173 マヨット 8.80
174 オランダ 8.79
175 ナミビア 8.75
176 アルメニア 8.67
177 トルクメニスタン 8.46
178 南アフリカ 7.58
179 ウズベキスタン 7.31
180 イスラエル 6.97
181 モンゴル 6.92
182 イラン 6.35
183 チュニジア 6.25
184 ブルンジ 6.12
185 マン島 6.07
186 ケニア 5.95
187 セントヘレナ 5.13
188 キルギス 4.85
189 トーゴ 4.71
190 チャンネル諸島 4.21
191 アラブ首長国連邦 3.81
192 ハイチ 3.61
193 シンガポール 3.24
194 モルディブ 3.00
195 タジキスタン 2.88
196 シリア 2.68
197 西サハラ 2.66
198 アルバ 2.33
199 アフガニスタン 2.07
200 パキスタン 2.07
201 イラク 1.90
202 パレスチナ 1.52
203 レソト 1.46
204 コモロ 1.40
205 カザフスタン 1.21
206 ヨルダン 1.09
207 イエメン 1.04
208 ニジェール 0.94
209 マルタ 0.94
210 バーレーン 0.71
211 アルジェリア 0.62
212 サウジアラビア 0.45
213 クウェート 0.36
214 アイスランド 0.30
215 ジブチ 0.24
216 モーリタニア 0.23
217 リビア 0.12
218 フェロー諸島 0.07
219 エジプト 0.07
220 オマーン 0.01
221 グリーンランド 0.00


つづく
スポンサーサイト
なんだかフツーの松の枝になったような


2014:7:15:2829 2014:7:15:2846 2014:7:16:2847 2014:7:15:2849
7月15日撮影の松ぼっくりと枝。

2014:7:15:2855 2014:7:15:2857 2014:7:15:2861 隣りの枝の松ぼっくり。こちらの成長が普通サイズ。


この定点観測で失敗したのが二つあって、一つが3代ボックリを一度に撮るアングルだと午前中逆光になること。最初の撮影が午後だったのか、まったくそのことを計算に入れてなかった。
朝一でまず松を撮影してから次に移るので、どうにも困るのだ。

次の失敗は、3代の松ボックリが揃っている枝だから、これはいいかも、と思ったのだが、どうもこの枝の2年ボックリと1年ボックリの成長が悪い。ま、補足として近くの成長のいいのを合わせて載せているので、そちらが普通サイズと思ってくだされ。

で、今回逆光が強いので遠くから3代揃ったのを望遠で撮影してみたが、松葉が伸びてきて、2年ボックリと1年ボックリがほとんど隠れてしまった。なんだかフツーの松の枝になっちゃったね。


2014:6:25:2398 2014:6:25:2415 2014:6:25:2419 2014:6:25:2420
6月25日撮影の松ぼっくりと枝。


6/25と7/15の違いは松葉の伸び具合と3年ボックリの色の褪色度あたり。もうほとんど茶色が落ちてグレーとなってきている。
あと、2年ボックリがほぼ最大になり、そろそろリスが青いエビフライを作り始めそう。

一方、1年ボックリはピンクだったのが黄緑色になったが、ここで成長を止め、来年の3月まで待機するのだろう。1年ぼっくりに囲まれた来年の枝も白いとんがり芽のままなのだろうか。





林道脇の草むらに何者かが!


2014:7:15:2900
あちこちでウツボグサが咲き始めていた。
2014:7:15:2894
シロバナイナモリソウも小さな花をポツポツ付け始めていた。


昨日は久々に林道へ行ってきた。海の仕事が連続したのと、雨や台風と悪天候が続いたり、足の痛いのもあって、ずっと行けないでいた。
で、前回の黄色いニワトコの実をアップで撮ろうと思ったのに、どのニワトコからもすっかり実が消えていた。浦島太郎状態だね。

林道へ行くといつも感じるが、植物の変化はあまりに早く、花など一種が一斉に咲いて一瞬で消えて行く。なので、花を一番きれいない時期に撮るのは至難の業だなあとあらためて思った。
林道のいまは、ウツボグサやオカトラノオがあちこちで咲き始めていて、シロバナイナモリソウもいつもの場所に白い小さな花弁を開いていた。


2014:7:15:2902


今回の目的の一つに隊長に所望された前回のキツネの糞採取がある。糞虫にやられなけれはかならず同じ場所にあるはずと見たら、やはり誰にも採られず残っていた。誰も採るわけないよね。
この場所は、芝のようなのが密生していて、糞虫は生息しずらい場所だったかも。そういえばタヌキのタメ糞などには糞虫がいないような・・・なぜだろ?

その後、林道を散策しながら、セイタカアワダチソウを引っこ抜いたりしてたら、その根元からそーっと逃げるヤツが目に映った。あまりに動作がゆっくりなのでなかなか分からないのですよ、これが。

しかも、全身が見えてないから何者かはっきりしない。全身グレーで、少し白い部分があったような。大きく見えたから、ハクビシンじゃなくタヌキだったかも。

道路脇で私が通り過ぎるのを隠れてじっと待っていたか、それとも昼寝していたか? たぶん前者だと思うが、あらためて動物と人間の関係はそんなもんだな〜と思った。


白くて臭いのはキツネ糞


2014:6:26:2544
幕山山頂で初めて見つけたキツネ糞。
2013:2:22:2:1984
2013年2月22日撮影のキツネ2頭がじゃれあいながら歩いた足跡。


隊長に最初教わったのが「糞の白いのはキツネのもので、独特の強い臭いがある」こと。
白い糞はタヌキなどにも見られることがあるが、タヌキ糞に匂いはないし、こいつは鼻を近づけなくても、強烈に臭い。

ま、この糞は太さと形状だけでもキツネのと分かるが、しかし、幕山山頂で見つけたのは今回が初めて。前回の散策で発見したものである。
幕山山頂は、以前サクラ林道の雪中のキツネの足跡を追跡し、その途切れたあたりから6キロ以上もあり、ここを根城にしているキツネではなさそうに思えた。
キツネは最大片道5キロぐらいを行動半径にしているようだし、追跡した足跡は2匹がじゃれあっていたし、林道周辺には一定数のキツネが生息していそうである。

キツネのつがいがいるということはオスとメスが付かず離れずいるわけで、生まれ育った子供も周辺に住み着いているだろうし、そうなると、他所からオスも来るはず。
でも、キツネの数はいったいどのぐらいなのだろうか。

キツネのハビタット(生息場所・環境)は森林の奥ではなく、草原や明るい林周辺で、エサのネズミや昆虫などが多いエリア。
それから考えると林道周辺では、やはり草原のある星ヶ山周辺と幕山周辺に限られるかもしれないな〜と思う。あと、林道は急傾斜の植林地が続くから、広い森はあっても、キツネは利用していないだろう。

このエリアのキツネの動きがこれで少し見えてきた気がする。
だけど、散策のあと、また痛風が出てきて、いまは歩くのもままならないほど。
あちこちが痛いだの、悪いだの、これまでわたしゃー関係ないと思ってたが、さすがにここにきてドッとまとめて出てきたかんじ。いやだけど、なんとかやり過ごすしかないね。

明日は足を引きずりながら船に乗り、キンメを狙う予定。