湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
フクロウの巣内に変化があった。

2014:12:18:7279
8年前に松枯れにあい、ボロボロに崩れてきたが、まだ数年利用できるかも/
2014:12:18:7217
上が今回撮影で、下が5月14日、ペリット採取前の状態。今回のが5センチぐらい低いか/
2014:5:14:1378

2014:12:18:7238
白い骨のような、食痕のようなものが見える/
2014:6:2:1901
今年の6月2日撮影/探検隊メンバーでフクロウのペリットを観察中/

先日、久々にフクロウの巣をのぞいたら、不思議なことが起こっていた。
今年の6月2日、探検隊のメンバーでフクロウの巣に大量にあったペリットを取り出す作業をしたとき、巣内に堆積した木屑ごと深く掘り出したのだが、それがなんとまた埋まっていたのである。

6月2日の写真の中央あたりに二つ広げているのがそのペリットやら木屑だが、樹洞に20センチは堆積していて、上半分はペリットばかりで色はグレー、下半分は茶色の木屑の中にネズミの骨などが埋まっている状態だった。
これを掘って、最後まで取り出したから中は深くえぐれた状態で最後にのぞいた穴の中は茶色だったのだ。

それが、今回撮影したように、底が埋まっていてしかも平だし色もグレーである。一瞬、???となったが、フクロウが卵を産むために産座を作るをいうのが知識としてあって、これがそれだな、ってそのときはそう思った。

しかし、調べてみるとフクロウは2月頃から巣の清掃を始め、産座を作るのは産卵の2、3週間前だそうだ。そうであるならこれはどうしたことだろう?
しかも、よく見ると底に白い骨のようなものがある。これはフクロウが小動物を食べた痕で、ペリットが崩れたものかもしれないと思えたが、採取してこなかったのではっきりしない。
フクロウは繁殖期以外でも巣を利用することがあるのだろうか?

も一つ考えられるのは、アオバズクが6月2日以後にここで産卵、子育てをした可能性。
夏の林道でアオバズクの鳴き声を聞いているので、フクロウの巣立ち後にこの樹洞を利用することがあるかもしれない。
次回林道へ行ったら、この残骸のようなものを少し採取してこよう。




スポンサーサイト
久々にリスの巣発見!

2014:11:19:4022


やー、ほんとに久しぶりにリスの巣発見だった。この松は、林道脇数メートルにコナラなどに交じって一本だけあるから目立ち、以前から顔見知りの木だし、見つけたときはまさかこんなところにと驚いた。

この周辺でこれまで発見した全てのリスの巣が連続する松の一本に架けるものだから、過去のリスの巣にはなかったパターンだ。
リスがあまりの松枯れ進行速度に驚いて、新しい巣の場所を模索しているのかもしれない。

ただ、この巣がいま使われているかどうかはビミョーなかんじ。下からはテンなどが発見しずらそうだが、林道を歩く人間の目にはすぐ分かるから、作ったはいいが失敗に気付き放棄した、みたいに思えたのだ。

最近リスの巣が発見できないのは、リスの数が極端に減ったことと、松枯れのため松以外の木に架けるようになったのじゃないかとこれまで考えていた。丹沢がいい例で、ここは松がほとんどなく、ホウノキやらコナラなど、何の木にでも巣を架けていた。

こんど少し周辺を観察してみよう。なにか見つかるかもしれない。