湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
山菜が美味しい

2015:5:19:7967
右下がモミジガサで真ん中がアラゲキクラゲで、あとの三つは山ウド。


はるか昔、といってもたぶん26,27年ぐらい前のことだが、山と渓谷社から出版された「山の幸」という山菜やキノコ、果実など紹介する本を買っている。
季節ごとに山の恵みや海の恵みを味わう生活にあこがれていて、いつか実践してみたいと不得手な植物の本を手に入れたのだ。

しかし、海の幸は釣りの上達とともに手に入れられるようになったが、山の幸はせいぜいキイチゴが食べられるぐらいで、山菜となるとワラビやフキぐらいしか識別できなかった。
湯河原へ越してきて、林道へときどき上るようになっても、それは相変わらずで、あらたに覚えたのはたった一つフキノトウのみ。あっ、ヤマノイモのムカゴは一握りぐらい採って、塩ゆでにして食べたことはあった。

一度など、これはきっとヤマウドに違いないとシシウドを何本か採取し持ち帰ったが、ウド独特の香りもないし、たぶんこれは間違いだなと捨てたことがある。知識がないとそれぐらいのものなのだ。

この知識ってのは、本を一冊なぞったぐらいではどうにもならなくて、本来、親から子へとか、先輩から後輩へとか実地で教わっていくものだろうと思う。

ま、そんな私だったが、一念発起し野生生物探検隊の植物の専門家を先生とし、名前覚えに励んだ結果、山菜となる植物を識別できるぐらいになってきた。
気付いてみれば私の周りには植物図鑑を出してる人が3人もいて、未知の植物をブログにアップしては教えていただいた。これがなかったら、これほど早く覚えられなかっただろう。

そんで、3、4年ぐらい前から山菜とされるあらたに覚えた植物をときどき採取してきて、天ぷらやおひたしにしていただくようになっている。
ただ、ニリンソウの群落のすぐ横にトリカブトがあったり、モミジガサとトリカブトが重なるようにしてある中から、採取するのは始めは度胸がいった。特に早い時期のニリンソウとトリカブトはそっくりで、怖々食べたのだった。

今年は初めてセリを摘んでおひたしにして食べ、旨かったのだが、セリの群落の中にムラサキケマンがたくさんあり、一見葉が似ているので始めとまどったりもした。
今年初めてのものに、ヤブレガサもあった。モミジガサが天ぷらにすると甘味があってたいへん旨いのを知り、同じようなヤブレガサもいけるのではと試したら、ばっちりだった。

写真は20日に採ってきたもの。右下がモミジガサで真ん中がアラゲキクラゲで、あとの三つは山ウド。山ウドは左下はキンピラ、左上の太いところは豚肉とキクラゲなどと油炒め。山ウドの若葉とモミジガサは天ぷら。山ウドの若葉の天ぷらはわずかに苦味があり、ボリュームもあってなかなかだった。

これまで山菜は天ぷらとおひたしぐらいしか考えが及ばなかったが、炒め物もいいね。おとついはワラビを採って、灰汁抜きしたあと油揚と炒めたけど、これもいけた。

今年採って食べた山菜はこの他にタラノメとゼンマイともらいもののコシアブラ。徐々にレパートリーが増えてきたけど、食べ方を定番の天ぷらとおひたし以外に工夫していけたらと思う。
いつぞやは、期せずして煮魚と山菜が食卓に並んで、30年来ぐらいの想いがほんの少しだけ結実したような、ふとそんなことを感じてしまった。

スポンサーサイト
この花、何でしょうか?

2015:5:8:7922

2015:5:8:4357

2015:5:8:4364

2015:5:8:4362

8日、久しぶりに林道へ行ってきた。
そして、植物目で歩いていたら、堰堤の上で音がする。見るとテンらしき黄色い胴体が見え隠れしながら逃げていった。植物探索の場合、どうしても近視眼的になるので、一歩遅れてしまう。

この日はもう一度チャンスがあってアナグマがブッシュへ逃げ込むのも見た。だけどこれも気づくのが音が先で、胴体から後しか見られなかった。
テンやイタチなどはいま子育て中の鳥の巣を探しているのだろうし、アナグマも日中でもミミズを探していたのだろう?毎年この時期林道脇のブッシュで動物を見かけることが多いね。

写真は林道の散策で見つけた、タムラソウのような、どこか違うような植物。法面工事の斜面下の側溝の中に一株だけあって、花も葉も少しずつ違うのだが、なんだろう? 園芸種ではなさそうだし・・・タムラソウはまだ草原に咲いてないし。 どなたか教えてくだされ。

もう一つ疑問に思ったのが下の写真。トモエソウのように見えるが、上と同じ法面工事跡の道路を挟んで反対側の硬い地面に一本だけ生えているのが不思議。
整地したときにタネが出てきたのだろうか?

2015:5:8:7923