湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
今年初めてレモンが1個だけできた

8:26_9528

ここのところ台風ばかりで10号が出戻ってくるし、4週連続で真鶴港への避難となりそう。ブログ更新も滞っているから、今回は話題にできそうな我が家の庭事情でもとりあげてみる。というのも、レモンの木を植えて5年目の今年、たった一個だけだけど実が付いたのだ。昨年花が5、6輪咲いて楽しみにしてたら一つも実にならず、今年30輪ほど咲いたからこんどこそ生るだろうと期待してると子房が6個でき、よしよしと思ってたらいつのまにか姿が消えていてがっくり。でも、よくよく探したらこの一個があった。しかし、レモンの実って尻を上に向けて生るんだね、驚いた。これを遠くから見ると葉っぱと見分けがつかないから、一種の擬態かもしれない。

8:26_9545

これは同じ柑橘系で、植えてから10年ぐらい経ったスダチだが、去年たぶん300個ぐらい生ったけど、今年もまた大量に実を付けている。去年はこれでポン酢を作ったり、焼き魚に絞ったり、焼酎に入れて飲んだりと、ずいぶん楽しませてもらった。今年もできるね。

8:26_9539

これも今年は一個だけしか生らなかったゴーヤ。植えたのが遅かったせいかもしれないが、近所も今年は不作の様子。ま、レモンmそうだが食べるというより成長を見るのが楽しみとなっているかも。

8:26_9535

これはヒメシャラでいま花の終盤だ。このヒメシャラ、庭に植えたわけではなく自然に生えてきたもので。昨年台風で折れ、背丈が低くなっている。この地方はヒメシャラが森に自生しているからそんなこともあるのだろう。こんな実を付けるの知らなかった。鳥が運んだのかも知れないね。

8:26_9547

湯河原の森から種を採取して、清川村のやまぼうしさんのとこで育ててもらい、その株を頂いて我が家の庭で咲いたバアソブ。バアソブは絶滅危惧種で神奈川県全体で10株ぐらいしか無いと思われていたが、湯河原で私が見つけ、安全策で種を育てたけど、その後群落も見つけたし、ま、観賞用として楽しもう。

8:26_9530

我が家の庭周りで今年やけに多いのがこのホトトギス。だいぶ前から咲いていてもう終盤のようである。まだいろいろあるけど、とりあえずこのぐらいにしときます。
スポンサーサイト
やっと出刃の完成が見えてきたゾ!

8:11_9355

8:11_9378


まさかここまでのめり込むとは思わなかったが、4回目再生の出刃包丁がやっと完成間近になってきた。大きく手を加えるところはもうほとんどなく、というかこれで終わりにしたいが、包丁は使うものだから、これからも少しずつ変化していくだろうと思っている。85点を目標にしてたけど、まあ80点をいただけたら(誰に?)うれしいね。

この包丁再生にこだわったのは、包丁の研ぎ方や砥石の組み合わせ、使い方などを知る目的もあったから。手持ちの他の包丁を同レベルまで研ぎあげ、美しい美味い料理を作るためにもここまではやりたかったのだ。で、砥石のそれぞれの性能も見えてきて、一つだけだが、ベストな砥石使いのパターンを手に入れた。
それは、荒砥や中砥をのぞけば、青砥→白巣板(丸尾山)→馬路山合砥(千本似)→正本山合砥(マルカ似)とつなぐことで、写真までの鏡面にはならないが、砥石だけでこれに近い状態までもっていけるのだ(前々項の写真)。

また、完成を急がず、何度も何度も一からやり直したことで、面倒くさい工程を素早く通過できるようになり、これもうれしい成果だった。釣りでも野生観察でもそうだが、一つを徹底的にやると、周辺のことがよく見えてくるというのがあり、その想いが折れそうな心を支えてくれたかも。途中、何度これで終わりにしたいと思ったことか。

ま、あと包丁の柄を白くきれいにするのと、アゴの磨きが残っているけど、しばらくはお休みか。


再生途中の出刃に刃が付いたから、エビとカニを割ってみた

8:8_9316


台風で避難中の船の様子を真鶴港へ見に行ったら、船のロープ張りなど手伝ってくれた漁師が皆でエビ網のゴミ取りをしていて、ちょこっとだけ手伝ってきた。そしたら帰り際「オカズ持ってけ」とバケツを渡され、イセエビ2匹、ショウジンガニ2匹、サザエ1個が入っていた。

これをさっそく味噌汁にしていただいたが、4回目再生中の出刃に刃を付けたばかりだったのでこれを使ってみることにした。イセエビの長いヒゲや足先をまず落とし、背中を縦に頭から尻尾まで切り離す。硬いから割る感じだが、切っ先の方は刃を薄く作っているので、厚めの刃のそりからアゴにかけて使いまずズブっとやる。尻尾の方まで刃が当たってないから、次は包丁を手前にずらしミネを左手で押して半身に切り離す。

ショウジンガニも同様に足先を落とし、甲羅を刃元側でバツンと2つに叩き割る。ショウジンガニには味噌がわりと多くあり、とてもいい出汁が出るし、身もほじくればけっこう食べるところがある。イセエビももちろん味噌があるし、身も甘くて美味い。だけど、せっかく包丁を研いで美味い料理を作っても、歯が悪いと上手く食べられないというおかしなことに。体重を減らし始めたときはまだ良かったが、ここにきて、食べられずに70,5キロまで落ちてしまった。頬がげっそりして、知り合いから病気みたいだと言われるしまつ。明日からついに歯医者通いとなる。

初めてキズがほとんどない状態まで包丁を研ぎあげた

8:2_9284

8:2_9265


前回の黄色い砥石で研いた6寸出刃は一見きれいに見えてはいるが、目ん玉をくっつけるようにしてよく見ると小さなキズがいっぱいあった。それは、仕上げ砥石ー1(白巣板)でそれまで整形してきた荒砥や中砥、青砥(仕上げ前砥)のキズを消してくれてるように見えてたのが、最終仕上げ砥の黄色砥をかけてみたら、小さなキズがたくさん出てきたのだ。

天然仕上げ砥石を使うようになるまでは青砥(5000番ぐらい)を仕上げ用として使っていたから、それまでの包丁はきれいに光っていても小さなキズが全面にある状態だった。天然砥石を一つ二つ手にし、それまでの青砥の上をなぞるだけできれいになったが、青砥のキズを消してしまうようなことはなかったのだ。そんな状態のままここまできていたが、4回目の出刃を再生するにあたり、すべてをゼロに戻して、荒砥で形を作るところから始め、その途中のキズを一つも残さず、中砥、青砥、仕上げ砥とつないで、最後はキズをゼロにすること、鏡面にすることを目標とした。

それに、天然砥石をまだ使い始めたばかりで、それぞれの性能や特徴などまだ掴んでないのだ。これらをすべてこの出刃に当て、どんな特性があるか、この出刃に合うのはどれか、どんな使い方をしたらいいのか、などなど、ほんとに一から始めたのだ。天然砥石の硬いのに「地を引く」ものが多く、強く押し付けて研ぐとガリガリっと地金に筋が入るのだ。それをさせないためアトマで面を擦り、砥泥を出して力を入れずに研ぐようなことをする必要がある。また名倉といい、砥石のかけらを砥面に擦り付け、これも砥汁を出して、その砥粒で研磨していくこともためしてみた。

今回、それまで仕上げ砥として使っていた以前から唯一あった青砥がこの名倉を使うことでキズがとても小さくなるのが分かった。この青砥、だめかもと思ってたが実はとても優秀だったのだ。このキズの小さくなったのを仕上げ砥ー1の白巣板で完全に消し、前回はすぐ黄色砥につないだけど、もう一段、砥面を緻密にするため(つもり)、白巣板より硬い馬路山合砥を仕上げ砥−2として間に入れてみることにした。そしたら面がビシっとしまったようにきれいになった。写真上は仕上げ砥−3(最終仕上げ)の黄板砥をかけているからより光っているが、色は少し曇るもののこれと同レベルの面の下地になっていた。

この黄板砥の前にこれも鏡面になる砥石として有名な超硬口の大突山浅黄をかけてみたが、光ることは光るが、平面が上手く出てないためか、思ったほどにならなかった、いまのところこの出刃の最終仕上げは黄板砥が一番のよう。失敗しては青砥まで戻ることを何度も繰り返し、やっとこのぐらいまでできたのだ。

ま、それでもまだ目標の85点までいかないが、よくよく探してもごく小さなキズが5、6本あるのみ。問題は、アゴに砥石の当たらないエクボが少しと、マチのところの仕上げをどうするかと、切っ先の面の揺らぎがある。切り刄の面をもう少しきれいにしたいが、これば徐々に慣れてくるだろうと思う。下の写真のように出刃に日が当たり、景色が映るのがとても嬉しいね。