湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
3万8000年前に12,13メートルの帆船があった?

page6image2744.png
江戸時代に描かれたアイヌの丸木舟と横板を綴った綴り舟。マストを立てると安定性が悪くなるし、強風で折れたり横転の原因となりそうなので、これが正解だろう。この絵は間違ってますね。波は舟の前方から来てますが、帆の風は後ろから。江戸時代でも絵描きはインドア派なのは変わりないようです。

page7image7656.png
page7image5544.png
page7image3768.png page7image2664.png


いま、旧石器時代を考察したいろんな文献や資料を漁っているのだが、「倭人の歴史」という著者不明のしかし、かなり理論のしっかりしたとても難しい文章を読んで、これまで考古学者が言ってきたのと正反対の論陣を張っていてとても驚かされたのだ(名前が出せない理由だろう)。

この方、男性の遺伝子の中のYの地域的変化や女性のミトコンドリアの変化をあげ、その検証に中国の史書、魏志倭人伝などから倭人の記載内容を合わせ実像に迫っている。たとえば最初に、

「中国の史書は、倭人は大海の島から中国に来ると記し、日本書紀とは全く違う歴史を示している。日本の古代史は、日本書紀を基に説明されているが、人やイネの遺伝子分布は、中国の史書と整合する。」

と始まっている。
また、漢代の中国の史書は、外洋を航行する船は倭人しか持っていなかったと記しているし、倭国の位置をとても遠くと記載している。これは倭人が朝鮮半島のすぐ先に九州があるのを知られないためと著者は書いている。また、史書には倭人は舟で来て中国の貴人に貢ぎ物をしたと。ヒスイや黒曜石が中国に渡っているのはその証拠。そして、中国からはイネなどの穀物や堅果類や石製装飾品などを持ち帰っている。

ま、各地の縄文遺跡から出土したものや、中国に渡った品々から考えると本格的な交易が行われていたのが想像される。一部に縄文時代は鎖国状態だったようなことが書かれたものがあったが、それはちょっと信じられないな。

f0225473_043175.jpg
7000年前の丸木舟。これは湖用で底が浅い。ただ、これができるなら石器で横板も造れるだろうと思う。

しかし、神津島の黒曜石が海を渡って本州へ来たのが、3万8000年前。3万年と記載されてたものもあったようだが、それより後はない。ということは3万8000年前に相模湾や伊豆半島あたりから太平洋へ舟を漕ぎ出していたことになる。たとば相模湾の真鶴からとすると、伊豆大島の波浮港まで33マイル(1NM=1,85km)、大島から新島まで20マイル、新島から神津島まで10マイル(ほど)だから、合計60マイルちょっと。アバウトに110キロほど。これだけ走り、しかも最低でも100キロぐらいの黒曜石を積んだだろうから、小さな丸木舟ではまず無理だろう。前回紹介したアイヌの小さい丸木舟ならまったく凪なら可能だろうが、ちょっと荒れただけでまず転覆する。

f0225473_0272860.jpg
左の2m以上と長いのは江戸時代のアイヌ舟の一番後ろの人が手にしている舵だと思われる。練り櫂ではないだろう。

kushi300.jpg
12000年〜5000年の鳥浜貝塚から出土したヤブツバキで作った漆塗りの櫛。これほどの工作ができるなら横板をけずることぐらいできるはず。また、漆はそもそも日本に自生しいていないもの。

私は縄文人見習いさんのブログに載っていた2mを超える長い櫂と、7000年前の丸木舟、12000~5000年の鳥浜貝塚から出土した見事な工作のヤブツバキ製の櫛、江戸時代に書かれたアイヌの丸木舟と横板の綴り舟での航海図から、石器でも仕上げの差はあれ、強度のある大きな舟が造れるのではないかと思った。ま、舟自体は遺跡から出土しないけど、長い櫂はアイヌ舟の舵とそっくりで、他に使いようがないのだから、これだけで結論してもいいように思える。

アイヌの帆かけ舟のように風が出ればゴザのような帆を張り(マストを立てると安定性が悪くなるから、この方式がベスト)、凪なら4、5名の漕ぎ手で必死に漕ぐ。全長10m以上、できれば12,13mあれば波をまたぐような走りもできるし、中国にも行けるだろう。そして、時速6、7〜10キロぐらいの速度は出せたのではないか。

image035.jpg
これはアイヌの丸木舟の舟敷きに横板を綴った準構造船で、かなりしっかり美しく造られているが、最初はもう少し荒っぽかったかもしれない。でも波に強ければいいのだ。

image034.jpg
古墳時代に突然姿を見せた20人ぐらい乗れそうな構造船。じゃーこの前身はどんなものだったのと・・・。

竹で作った筏や大きな葦船の可能性もないことはないが、どちらも速度が出ないから、海を自由に走り回ることができないだろう。それと、のちの古墳時代に唐突に20人も乗れそうな大きな構造船の埴輪が登場し、じゃー、これの前はどうなってたんだ、と考えると、丸木舟と横板を綴った準構造船が進化したとしか思えないではないか。

ま、縄文人は農耕民族ではなく、漁労や交易、狩猟や採取、栽培をする多様な民族だったのだ。きっと。それと、2万年前は寒くて今より海面が120メートル下だったことがある。海岸にあった旧石器時代の生活痕は海の底に眠っているともあった。多くが海辺に住んでいただろうから、遺跡は海の中ということ。ま、一を見て十を語ってみました。


スポンサーサイト
縄文人はどんな船で外洋を走ってたのだろう?

P1010018 のコピー
日本北回り半周4000キロを走った小型ボートの船型。全長5,5m(18,5フィート)幅2m。船首や舷側、船尾が大波にどこまでも上がっていくようになっている。

3536570ec4b.jpg 2713ffede.jpg
アイヌ人が5世紀以前にも外洋を走り回った丸木舟に横板をくくり付けた舟。(綴り舟)

Annual_report_of_the_Board_of_Regents_of_the_Smithsonian_Institution_(1890)_(18247334618).jpg
明治20年ごろのアイヌの丸木舟。主に荒れない海面や湖で使われたものだろうと思うが、丸木舟としたらすばらしい船型をしている。弓矢があってこれで魚を撃っていたのがわかる。ん?海鳥?


最近「縄文人見習いさん」という方と知り合い、縄文人が外洋を自由に走り回っていたのを知った。この方、糸魚川でヒスイの加工をされているのだが、5000年前、糸魚川から青森の三内丸山までヒスイが海路で運ばれたのがわかっているそうなのだ。そんで、丸木舟を造ってみたり、シーカヤックで糸魚川から三内丸山まで3ヶ月かけ、総距離800キロの冒険の旅をされている。かなり危険なものだったようだ。

しかし、縄文人がどんな船を使って外洋を航海しいていたかは分かってないそうだ。縄文時代の遺跡からは丸木舟が200ぐらい発掘されているから、丸木舟があったのは間違いない。でも、湖で使う底の浅いのや、以前紹介した男鹿半島の重い舟だとすぐ転覆するのが想像できる。そこで、荒れる外洋も走ることができる舟とはどんなものか、とりあえず基本性能だけでも確認しておこう。

舟は細いと直進性がよく、小さなエネルギーで速度が稼げる。反面、横揺れが激しく転覆しやすいし、たとえば大波の山から谷へ下るときに舳先が海面に刺さり、そこを支点に横転する。
一方、幅広は進むのに抵抗が強く、大きなエネルギーがいる。しかも直進性が悪い。
だけど、左右の安定はよく、転覆の危険が少ない。また、船底の形は平らだと波を叩くし、丸いとコロコロする。ボートにみられるようにV型がキツいと波あたりはいいけど、斜め後ろからくらうような波だと押されて横だおしになる。

日本半周したボートはこれらを考慮し造ってあり、予期しなかった3メートル以上の波でもなんとか乗り切った。このボートは陸揚げしても倒れないだけの平らの部分と、船首側はVで両サイドは少しトリマラン(三つの山)的に出っ張り、舷側が海面から30センチもないのに横からの波にも強い。過去には5メートル近いえぐれた波の斜面にへばりついてスロットル操作で乗り切ったことがある。波長が短く、すぐ後ろに次の波頭がせまってきていた。このとき40フィートクラスのクルーザーが後ろを同方向へ走っていたけど、ブローチング(後ろ波で横を向く)をくらい戻っていった。また、このボート波あたりがソフトで1,1〜1,2メートルぐらいの白波の中なら20ノット以上での巡行が可能である。
ま、パワーがあるからそんな芸当もできたけど、縄文の舟でも外洋を走るなら最低でも3メートルぐらいはしのげないと命がいくらあっても足りないだろう。

だけど、縄文時代のことである。鉄器がなくて石で削るだけでどこまでの舟ができるだろう。一つの可能性としてアイヌ人が5世紀以前に使って外洋を走っていた丸木舟に横板っをくくり付けた舟がる。アイヌ人は舟造りの技術が高くて丸木舟を極限まで薄く削り、波によく反応するよう船首や船尾の形もすばらしい。

明治20年の丸木舟の写真を見ていただきたい。同じような形をした2杯だが、右の方がより性能がよさそう。丸太が太かったのか横幅があり、船首も平らで波に突っ込みずらいし、船尾もそう。これだとちょっとくらい海へ出たって転覆しないだろうと思える。ま、とりあえず基本性能だけを。
訂正! この釣り鈎、まだ未完成で製作途中かも

20160919-OYT1I50031-N.jpg


どうも気になっていたのが2点。鈎先が尖ってないのとチモトに糸を結ぶ明確な工作がないこと。それと、3点同時に発見され、他のがあきらかに製作途中だったこと。

最初、鈎先が尖ってないのは2万3000年もの時を経て、摩耗したのかと思ったけど、別の写真などよく見ると、貝殻が光っているし、完成品ならもっと尖っていてもいいように思えてきた。それに、チモトの処理。このままだと糸を結ぶのがかなりつらい。何か力が加わり掛けるかしたかな~とも考えたが、それなら細い鈎先の方が先に割れるかも。

で、製作途中とする方が自然な気がした。そうすると鈎先のこの太さなら小さな切り込みを入れれば返しが作れると思った。チモトも切り込みを入れるか穴を開けるなどすればより使いやすくなる。鈎先も返しを作ってからもう少し研ぎあげれば完璧になるだろう。見つかった3点は要するに作りかけを並べて置いてあった、ということで、完成品は別の場所にあるのじゃなかろうか。我々でもよくこんな分け方をするよね。

とするとつけばり漁の可能性が出てきたが、いまでも沖縄にいるオオウナギだとしたら力が強いから一晩暴れると鈎先の方が折れてしまうかもしれない。軸の方の太いのは割れない絶妙な幅だが、やはり先は弱いだろう。ウナギを鈎に掛けてからやりとりすれば折れずに捕獲できそうに思えるから、やはり穴釣りに使ったと考えた方がよさそうだ。というふうに前項を訂正。ブダイの方は変わらず。


この釣り鈎「うなぎの穴釣り」に使ったのでは?

DSC_9903.jpg
私が使っている比較的大物用の現代鈎。

20160919-OYT1I50031-N.jpg
これが2万3000年前の今回沖縄のサキタリ洞遺跡で発見された世界最古の貝殻で作られた釣り鈎。

歴史の教科書で習った後期旧石器時代(約3万年〜1,5万年)の人々の生活は、半分裸みたいな格好で、槍を手にナウマンゾウを追っているようなものだった。定住する家を持たず、体は毛深く、動物を追う狩猟の旅をし、洞窟などで生活していたと。まあ、原始人に近いようなイメージがあったのだ。

だけど以前、丸木舟の歴史を調べていて、7000年ぐらい昔のものが出土しているのを知り、驚き、その工作の素晴らしさに信じられない思いがした。現在アフリカあたりで使われている丸木舟よりもできがいいかもしれない。それからというもの人類の2、3万年ぐらい前は実は今とそう変わらない知能や姿だったかもしれないと考えるようになっていた。3万年前はまだ氷期で、かなり寒いはずなのに、裸に近い格好でしかも裸足で森の動物を追うというのもあやしいと思う。

また、この釣り鈎は当然糸を結んぶわけだから、カラムシの茎から糸を作る製法も知っていたろうと想像できる。動物の骨で作った針で毛皮など縫うだろうから、イヌイットのような靴を履いていてもおかしくない。糸があればロープも作れるし、編んで魚をすくう網もできたろう。網が編めれば布も織れそうではないか。

pc.jpg
こんな道具が作れるのだから、知的レベル、技術は今と変わらないのではないだろうか。
1280px-Lame2.jpg
ナイフ形石器。これも刃先が鋭く、鋭利な刃物といえるのだ。このあたりが包丁やナイフ、鎌のような役目をしていたのだろう? きっと砥石で研いでいたのだ。

Aguja.jpg
返しがあるし、チモトを削っているし今の鈎とまったく同じ。左の縫い針、の穴の小ささ。見事。

上は借り物の写真やイラストだが、動物の骨で作った釣り鈎を見てくだされ。今回発見された釣り鈎には返しがないけど、これには小さいのがつけてあるし、糸を結びやすいようにチモトも削っている。針の穴の小ささから使った糸の細さが分かるね。この釣り鈎は現在もものとまったく同じだけど、後期旧石器時代のものなのだ。2万3000年よりは後かもしれないが、15000年より古いのだ。この知恵と技術をもってして、現代人とどこが違うというのだろう。

で、発見された釣り鈎、返しがないからどう使ったか不思議で色々考察してみた。糸は結べるから釣り鈎で間違いないだろうが、返しがないと餌も釣れた魚もすぐ抜け落ちる可能性がある。サキタリ洞遺跡からは同じ場所からうなぎやアオブダイを焼いた痕跡があり、発表ではこれらをこの鈎で釣っていただろうとしている。そこでうなぎの釣り方を調べたら私も子供の頃やった「つけばり」というのがあり、ドバミミズの餌を鈎に刺して一晩置いて、朝回収にいくというもの。だけど、これだと餌が抜けてしまうし、他の餌でも同様で、鮎などぶつ切りにして深く刺せば可能性があると思ったけど、魚なら食料にしてしまいそうだし、ちょっと疑問。

thumbnail2.png

で、探し当てたのが写真の竹を使った「穴釣り」木の棒でもいいけど、ミミズやドジョウを鈎に刺し、鈎を先端に引っ掛けてうなぎの寝床に差し込むこと。こうすればうなぎがくわえたらすぐ糸を放せば鈎ごと飲み込んでくれるだろう。鈎先は実際はもっと尖っているだろうし、砥石も携帯していた可能性がある(現代の釣りでもやる)。餌は、小さな沢蟹でもよさそうだが、実際何を使ってたかが気になる。

あと、アオブダイは私は釣ったものではないかもしれないと思ってる。サキタリ洞遺跡は海の近くにあり、浅い川を遡上してきたアオブダイをモリで突いたのではないだろうか。というのも、以前小笠原のケータ列島の無人島に上陸したとき、砂浜をチョロチョロ流れる小川の中に大きなアオブダイが2匹、体を水面から半分ぐらい出して腹を擦りながら泳いでいた。一度しか見たことないけど同時に2匹いたことを考えると、そんな習性があるのかもしれない。普通は海の水深数メートルと少し深いところに生息しているから、これを返しのない鈎で釣ることは容易でないはず。ま、そんなことえお考えてみました。

醤油麹作りももう数回目

9:4_9787

9:4_9782


この醤油麹、かみさんはあまり使わないが、私の料理には必需品となっている。洋風雑炊や写真のチャーハン、冷奴、納豆、焼き魚にちょこっとかけたり、野菜にだってのっける。これに肉を漬け込むと柔らかくもなるし、いろいろに使えるのだ。

醤油麹の作り方は簡単で、こっちのスーパーには2種類が売られていて、一番簡単なのは麹と醤油を同量入れて毎日一回かき混ぜるだけのものと、写真のはお湯と醤油とを入れて混ぜるもので、これも一日一回かき混ぜるだけ。とても重宝しているのでぜひ作ってみれくだされ。(作り方は袋に記入されている)

最近、とことん困ってついに歯医者へ通いだしたが、大きな固形物がうまく食べられず、このチャーハンなど野菜をたくさん細かく切って一緒に炒め、野菜不足にならないようにしている。内容はピーマン、タマネギ、シイタケ、青ネギ、焼いたシャケなどで、どんどん具が増えて行く傾向にある。

また最近は以前にも増して包丁研ぎに狂っていて、これはもうしばらく続きそうだ。これは、ある程度のレベルに達したら料理の方に方向転換する予定だが、あまりに奥が深くてそう簡単にはいきそうにない。そんな近況報告を。