湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
菌付け時期を逃しホダ木を一年放置したけど3本はセーフ

DSC_0279.jpg
この中で一番デカイのは直径25センチ以上もある。知らぬまにこんなに育っていた。
DSC_0264.jpg
こんなに大きく数があるとどうやって食べたらいいだろ?

DSC_0273.jpg
秋になったら最初に赤いキノコばかりが出てダメかと思ってたが3本はセーフだった。
DSC_0267.jpg
これはデカイのを採った残りだけど、まだたくさん生っている。


いやー驚いた! 今朝家の裏庭をのぞいたら、あきらめていたシイタケのホダ木に巨大なシイタケがいっぱい生っていたのだ。3年前の林道法面工事あとに残されたコナラの木を拾ってきたのだが、菌付け時期を逃し(遅くなり菌を売ってなかった)、翌年春まで庭に置いてから菌を打ったのだけど、雑菌が先に入るからダメかもしれないと言われていた。で、今年の秋に赤い名前の知らないきのこがたくさん出てきて、やはりダメだったかとがっかりしたけど、そのまま放置してたら太い6本のホダ木のうちの3本にたくさん生っていて、まあびっくらこいた。

写真のホダ木は巨大なシイタケを採ったあとのものだが、それでもまだ売られているのよりおっきいのが残っている。一番デカイのは直径25センチ以上あるからどうしたものかと迷うほど。ま、少し干して水分を抜きバター炒めなどにしていただきますか。しかし、一本が30キロぐらいあるホダ木だけど、以前太い木には小さいのしか生らなくて、そんなものかと思ってたが、これは間違いだった。

これまで毎年シイタケが生ってたホダ木はもう4年経ち春には少し生ったけど秋はほぼダメで数個のみ。なのでたった3本ではあるけど、太い木だし、これでまた続けて4、5年は楽しめそうで嬉しい。2、3年に一度はホダ木を仕入れて菌打ちをしたいね。シイタケが好きで料理によく使うがかなり高価だし自前で作れると贅沢にできる。ま、これも田舎暮らしのいいところだな。

10:14:0047

それと、少し前に庭で収穫したムカゴの写真。これも都会ではあり得ないだろうし、草取りや庭木の剪定などまめにやらないおかげかも。このムカゴでムカゴご飯を作り美味しくいただきました。
スポンサーサイト
縄文号とパクール号の航海

27_n.jpg
53mの大木を刳り抜いた丸木舟のアウトリガーカヌー「縄文号」これでインドネシアから日本まで走る/
d0007653_6454830.jpg

3万5000年前の舟を考えていて引っかかるのが、5万年前とも7万年前とも言われるオーストラリアに渡ったアボリジニの先祖達。その間にはたしか100キロ以上の海があり、舟を使うしかないのだけど、果たしてどんな舟を使って渡ったのだろうか?人類の先祖、ホモサピエンスが登場したのが20万年前と言われていて、現在の全人類と共通のミトコンドリア遺伝子を持つ一人の黒色女性ミトコンドリア・イブがアフリカにいたのが12万年前。どの時点で言葉や火を使ったり石器を使えるようになったのか?また、7、8万年前にアフリカを出たときは、もう舟を造るぐらいの技術を持っていたのだろうか?分からないことだらけだ。

最近は古代の舟を調べつつ、人類の起源から世界史まで読み漁っているが、外洋を走る丸木舟の姿はおぼろげながら見えてきた。東南アジアにあったスンダランド周辺では古くから小形舟で外洋を走り回っていたらしいから、南のカヌーに何かヒントがないかとネットで調べていたら、なんと冒険家「関野吉晴」さんが、まさにそんな舟を造り、インドネシアから日本まで日本人のルーツをたどる旅をされていた。途中台風や嵐にあったりで、4年がかりとなったが、それでも丸木舟のカヌーで4700キロを走りきっていた。冒険家「関野吉晴」さんの名前は昔から知っていたが、リヤカーを引いたり、自転車に乗ったり歩いたりしともかく世界中を人力で回っているイメージしかなかったが、それはアフリカを出た人類の祖先が南米のチリまで到達する旅を逆に辿ったものだったのだ。そして縄文号とパクール号の旅はまさに私の知りたかった、南からの日本に来た先祖のルートをどんな舟なら可能かまで調べる、壮大な実験だったのである。

Pasted Graphic 2 のコピー
フィリッピンのアウトリガーカヌー「大型バンカ」/これでフィリピンから日本まで2600キロを走る/
Pasted Graphic 1 のコピー

この航海をネットで発見する前、も一つ昭和21年5月にフィリピンのルソン島近くのポロリ島から敗戦を知らない残兵9人が全長6m、幅1m、深さ1mで大型の帆を持つカヌー(バンカ)を盗み、一路日本を目指した記事を見つけていた。途中3度も大時化に合い、転覆したり、ロープで体を船体に縛り付けて落とされないようにしたり、2600キロを30日かけて全員無事にたどり着くというのがあった。小型のバンカは前々項で紹介してるが、それの大型でやはりアウトリガーを付けたもの。関野吉晴さんの縄文号も全長6mで、これば現地の高さ53m、太さ2mの木を刳り抜いた丸木舟。アウトリガーは竹である。まさにこのバンカを真似たものだろう。

ただ、縄文号は風がないと時速2キロの手漕ぎになるし、ヨットみたいに逆風をうまくタッキングして上れないようだった。このヤシで編んだ帆、順風でも10mの風なら快調に走るが、15mだと危なくなるようだった。この辺はもう一工夫できるかもしれない。やはりもう一枚小さなジブセールのいようなのを用意したほうがよさそうだ。

HokuleaSailing2009.jpg
ポリネシアを古くから走り回っていた双胴カヌーを再現した「ホクレア号」/ただ昔のものより大型だ/
hawairoa.jpg
これも再現した双胴カヌー「ハワイロア」だが、これは大木を刳り抜いた丸木舟/
Priests_traveling_across_kealakekua_bay_for_first_contact_rituals.jpg
1780年頃の絵で、たぶん再現されたものの元の舟だろうしかし、おかしな格好をしてる/


あと、ポリネシアの大型双胴カヌー「ホクレア号」もネットで見つけたが、これは世界を4周半も回っているすごいもの。ただ一度時化で遭難し、その後は伴走船を付けているそうだ。ま、これはポリネシア海域を走り回っていたハワイの舟を再現したものらしいが、FRP製で当時のものよりかなり大型のよう。関連映像かに「ハワイロア」という木造の双胴船があり、こちらはカナダのインディアンから巨大な木を手に入れ(ハワイを探してもなかったそうだ)、刳り抜いたもの。下の絵はたしか1780年ごろ描かれたもので、ハワイにはタヒチあたりからAD900年ごろに人が渡って来ているから、最初からこのレベルの大きなカヌーがあったのではないだろうか。

2万年前、3万年前は海岸線が今より100m以上下だった。なので、この頃の遺跡は全て海の底で内陸部の湖周辺の狩猟採取民の遺跡はあっても海岸に住む海洋民のものは残ってない。縄文時代の丸木舟もほとんどが湖沼で使われたものだろう。なので海で使われた舟は想像するしかないのだが、これまで色々調べて来て思うのは、3万5000年前、20キロの海を渡り神津島へ行ったのは小型のバンカかサバニで、5000年前に女子供、イノシシを連れて八丈島へ渡ったのは、大型のバンカ、もしくは双胴のサバニかイタオマチプ。ま、このあたりではないだろうかと思うのだ。

banka_1.gif
3万5000年前でも丸木舟でこのぐらいのアウトリガー・カヌーが造れただろう、きっと/縄文早期なら縄文号クラスも可能かも

また、いまから1万6500年前の青森の津軽半島の遺跡から日本最古の土器と矢じりが発見されている。縄文時代は1万4000年ぐらい前からで、この発掘で縄文時代が遡るかと言われているけど、このまだ氷期の寒い青森に弓矢の糸を作る植物はないし、その後数千年土器を含まない遺跡ばかりで、この頃の海人は舟で沖縄や台湾あたりまで出かけて交易をしており、そこで手に入れたものではないかと、以前紹介した「倭人の歴史」の著者が推測している。たしかに少し前の項で紹介した福岡の古墳の壁画に描かれたのはアイヌのイタオマチプそっくりだったし、津軽半島ならアイヌのイタオマチプに乗っていても不思議がないが、津軽から台湾までは3000キロ以上あり、ちょっと飛躍しすぎだろう。5000年前、糸魚川から三内丸山まで800キロの交易はたしかにあったから、この時代でも片道1000キロの交易はやってたかも。新潟から福岡まで行く舟、福岡から沖縄まで行く舟、沖縄から台湾へ行く舟と継いで交易すれば、日本になかった土器が手に入るかもしれない。