湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
キアマダイの塩焼きはほっこり柔らかくあま〜い

DSC_4614.jpg


これは今日の朝飯で、ご飯がないので代わりに冷したぬきうどんにしたもの。魚はめずらしいキアマダイで、過去に1、2ど度釣ったことがあるだけ。数日前に釣り、半身は2、3日前刺身にして食べたが、トロッとして甘くとても上品な味だった。この半身は時間が経過しているので焼いてみることにしたが、ペーパーを何度か替えていたからまったく問題無し。脂がほどよく回り、ほっこり柔らかく、とてもあま〜い塩焼きだった。味噌汁はここ3、4日を飲んでなかったので、今朝無性に欲しくなり、朝からだしを引いて作ったもの。味噌を少なめにするとだしの味がよく分かるね。具は大根とジャガイモ、水菜、油揚げ。冷したぬきうどんは半熟玉子と自作ミニトマト、塩もみキュウリ、オクラ、揚げ玉を乗っけてる。半熟玉子はうどんと一緒に茹で、タイマーを6分30秒にセットし、玉子だけ先に取り出し、再びタイマーをスタートさせ1分30秒経ってトータル8分で取り出した。半熟玉子、包丁で切ると黄味がべったりくっつくけど、箸で割れば問題無し。

話は変わるが、昨夜、頼まれて熱海の花火見物の船を出し、熱海港までお客を乗せて暗い海を走ってきた。レーダーで周囲を見、GPSで位置を確認し、魚探で安全な水深を保ったけど、やはり怖かった。港前には船がたくさんいて、航海灯しか点けてないから、ヒヤヒヤもの。今月2回目だけど、もう行きたくないな〜。

スポンサーサイト
サクラ林道の希少な植物に黄色いテープを巻いてきた

DSC_4429.jpg
オオヒナノウスツボ。これ、毎年草刈りされ種を落とすことがないまま生き続けていたのだろう。

DSC_4505.jpg
白銀林道のとは違う1株だけ残っていてしかも実を付けていたトモエソウ。これも刈られると種を落とせない。

DSC_4555.jpg
いまクサアジサイが盛りだった。この林道にはクサアジサイがとても多く毎年の楽しみ。

DSC_4566.jpg
ヤマユリもいまが盛りとあちこちで咲いていてくらくらするような強い香りを漂わせていた。左はオオバギボウシの花で、これもたくさんあった。

DSC_4480.jpg
ことしは珍しくウバユリの花が数株観られた。ウバユリは春にたくさん若葉を見る植物だが、誰かが好物にしているのか夏に花を咲かせることがほとんどない。

DSC_4538.jpg
この林道にはハナイカダが数株ある。これを初めて見たときはほんと驚いたね。

DSC_4498.jpg
シシウドもこのぐらいのときは美しく思えるが・・・。


迷走台風5号には困ったもんだが、なんとか土日は仕事ができたし、真鶴港への避難もなくて助かった。いま少し強い南風が吹いているけど、まあホッとしているところ。ここ最近は料理も代わり映えがしないし、ブロクの更新が滞っていたけど、久々に林道のことなどアップしてみる。

先週、気になっていたサクラ林道(実名を挙げると検索されるので勝手に命名)の希少な植物が刈られないよう、黄色のテープを巻き、回りを少し整理し目立つようにしてきた。というのも県の林道の担当者が変わり、毎年草刈り時期に連絡をくれていたのが無視されるようになったから。一個人の希少な植物を刈らないでくれ、なんていう注文などいちいち聞いてられるか、ってことなんだろう。テープをグルグル巻きにしたのはバアソブとオオヒナノウスツボとトモエソウとソウシシヨウニンジン。以前はシロバナショウジョウバカマやサクラガンピ、ヒキヨモギ、カキランにも目印を付けていたけど、カキランは盗掘され無くなったし、ヒキヨモギは逆に刈った方が良さそうだし、サクラガンピやシロバナショウジョウバカマは大丈夫そうだからそのままとした。意外だったのがトモエソウ。以前4株あったが一番大きく蕾を付けてた1株が盗掘され、他の3株は小さくひょろひょろで回りの植物に負け花を付けることがなく、もうだめだろうと諦めていたが、久々に探してみたら、1株だけ残っていてしかも実を付けていたのだ。で、白銀林道の3株とこの1株のトモエソウが今年咲いたのだ。

話は変わるが、植物観察しながら歩いていると、上空に大きな猛禽を発見する。はじめノスリかなって思ったが、とても大きくてすぐ違うのが分かる。でもノスリかと感じたようにトビとは形が違うのだ。しかもでかい。ということはクマタカか。カメラのレンズがマクロの55ミリだけど、とりあえず記録だけでもとカメラを向けるとスーッと視界から逃げていく。消える瞬間の後ろ姿は捉えたが、これからは正体が判別できなかった。だが、トンビならレンズを向けてもすぐ消えるようなことはめったにないから、これはたぶんクマタカではなかったろうか、と思っている。その前週林道を歩いた時、ノスリの巣立って間もないヒナと思えるのが林道から飛び立ち、すぐ近くの木の枝に止まった。以前のフクロウのヒナのように追っかけると短く飛んで遠くに逃げないのだ。巣立ちがこの時期なのが疑問だが、でもそうしか考えられなかった。とまあ、2週連続の猛禽との出合いだった。