FC2ブログ
湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
今年が料理修行元年になりますように

DSC_5072.jpg


新年明けましておめでとうございます。この歳になってもいまだ何がめでたいのかよく分からんのだが、無事また新たな年を迎えることができるということはやはりめでたいことなのだろう。1週間ほど前、昔からときどき通ってた近くの居酒屋のおかみさん77歳が夜中に心臓発作を起こしぽっくり逝ってしまい、新年を迎えられなかった。人の命とははかないものなのだ。

話は変わるが、私の場合毎年のように何かしら新しいことに挑戦し続けている。直近の動物・植物探索は10数年続いたし、深く探究したテーマもいくつかあった(過去形ではないが)。現在トライ中なのは「食」の見直しと料理修行である。元々自給自足的生活、半農半漁にあこがれはしてたが、美味しいものを求めてお店を歩いたこともないし、作る料理も気が向いたときだけの中途半端で調べたレシピもすぐ忘れる。ただむかし一度だけチャーハンに凝り、ほぼ一ヶ月連続で作り続けたことがある。だがこのときは料理ブログやユーチューブもなく、ただ失敗を繰り返すのみ。今のネット社会はほんとに便利になったもんだ。

そんな輩が2年半前に包丁研ぎを始めたことがきっかけで、このようなとんでもない展開になってしまったのだ。でも、料理が上手くなるにはまず数をこなすのが一番だから、自宅で自分のめしを作ってるぐらいではどうにもならない。けど、この道具のそろった厨房でお客さんを前に真剣勝負し、お通し、刺身、煮魚、焼き魚、フライなどなど繰り返し造っていけば何倍も早く上達するのは間違いない(ハズ)。そして、それにはすべての味見をし、自分が納得する味に仕上げなくてはならないのだ。現在、食事的なものにぶっかけうどんとチャーハンを出してるが、乾麺を使った焼うどんを新たに研究中。先日もお客さんに食べてもらったら「これならオッケー」と言われたが、もう一工夫必要と試行錯誤中。ぶっかけうどんは例のかえしに自作だしだから好評だし、チャーハンも料理人が褒めてくれる及第点(だと思う)。

魚だってそれぞれに個性があり、向いた料理があるはずで、それを試食しながら探し出さなきゃならない。雑魚番屋なので、市場に出回らない釣り魚のたとえばアカイサキ、トラギス、ヒメコダイ、シキシマハナダイ、チカメキントキ、レンコダイなどなど、どんな料理にするのがいいか、これから研究するのである。いまこれらを刺身にして改めてじっくり味わい始めているところで、自分が美味しいと思える味を見つけるのが楽しみでもある。でも昨日作った雑多な魚のアラ煮は知り合いのお客が始めとても美味しいと食べていたが、内臓に小石が混じっていたようで、注意してくれた。失敗失敗。写真は大晦日にお客さんが釣った大きなマダイにメダイ、アマダイなど。こんな魚を美味しく安く出せる店にするね。今年もよろしくお願いします。



スポンサーサイト