FC2ブログ
湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
ついに手に入れた本焼き尺柳白二鋼

DSC_5658.jpg

まさかこんなに早く本焼き包丁を手にするとは思わなかったが、メルカリに驚くほど安い、欲しかった30センチ(尺)がアップされ、これに喰いついてしまった。写真で見る限り作りは見事だし、表にも裏にも本焼きの刃紋が見え、まさにこれぞ本焼き。ただ、作者がわかる銘が刻まれてない。しかしメルカリでは高名な作家の作とされていて、出品者は同じ作家の包丁を何本か出しててそちらには銘が入っている。この柳刃、これも高名な研ぎ師による本刃付けがされてあると紹介してたが、事実小刃が付けられ、裏押しもあり、切り刃の平面が出ていてそのまま使える状態だった。こんなの今まで見たことがない。高級な本焼き包丁とはそんな至れり尽くせりなのだろうか。前回買った青二鋼霞9寸柳など切り刃が波打っていて平面を出すのにどれほど時間をかけたものか。やっと最近よく切れる包丁に成長してきたが、まだかえり(バリ)がなかなか取れないし、すぐ刃欠けして対応が大変。現代の名工もお歳で衰えられたのか、裏押しで当たらないところがあったりする。そんなことで、またレベルの高い包丁をちょくちょくチェックしてたのだ。ま、その作家のものだとしたら1/3の価格だし、もし違っても刃紋が裏表に見える本焼きを手にできるならと清水の舞台から飛び降りたのだ(刃紋が見えない本焼きもたくさんあるのだ)。2、3年以内に買いたいとしてた霞包丁の最高レベル(6、7万円)、と値段は変わらないし、平は鏡面仕上げだしこのこのチャンスを逃したら新品で刃紋の出てる本焼きなど永遠に手に入らないかもと思ったのだ。ちなみに本焼きは最低でも10万円超だが、欲しくて夢みてたのが17、8万超。この白二鋼はそれに近いレベルのような気がする。本焼きは30万するものもあるが、高級なものほど技術が必要で打てる人が少なく、最高レベルの包丁になると日本で数名しかいないとか。

で、3日前に到着したのが写真の本焼き。と言ってもすでに凌ぎ筋から刃先までの切り刃を天然砥石で研ぎ傷を落としパフをかけ、とりあえず鏡面にしてしまった。当然刃先にパフが当たり切れなくなったが、同じ小刃を付ける技術がないので、15度ぐらいの蛤刃にした。しかし全鋼の本焼きは霞に較べてずっと重いものなんだね。この本焼き、銘もないことだしふだん使いしようと思っている。

あと、最近買い足した天然砥石。一番上が花岡の青砥。以前も青砥を買ったことがあるが、軟らかく研ぎおろしが悪いし、中砥は手持ちにいいのがあるし誰かにあげてしまった(普通に使えるが)。で、メルカリで見つけたのが砥面に黒ゴマがたくさん浮いた以前から欲しかったもの。青砥の中では最高級とされる黒ゴマ。5千円もしないし、失敗してもいいやと思ったが、予想をはるかに上回る高性能だった。とても硬く水も吸わず砥泥も出ないが、ダイヤ砥石で擦って泥を出せばどんどん研ぎおろし、傷も見えないほどごく小さくまたすぐかえりが出る。これはひょっとして仕上げ砥じゃないだろうかと思ってしまうほどだが、よく研ぎ下ろすからやはり中砥? これからは大きな刃欠けでもなければ人造1000番は飛ばし、この青砥から始め、左下の丸尾山「白巣板」や、右下の丸尾山「合いさ」などを経て、一番下の最終仕上げ砥大谷山「戸前」浅黄などで刃付けをする。と言っても大谷山戸前浅黄はカミソリ砥でとても硬くうまく扱えないかもしれない。ま、この4つのコッパ砥石は前回の太上から後に仕入れたもの。手持ちの包丁10本ぐらいをどれもそこそこ切れるようにしたし、天然砥石も揃ってきたし、あとは料理の腕だけだね。

これを書いてから、初めて正本の9寸柳刃を研いで、鏡面にしたのはいつだっただろうと、ブログをめくったら2015年6月24日にあった。ちょうど丸4年ではないか。ブログの最後に砥石が4本になり、面直しも一本あるように書いている。安い出刃も購入し、和包丁も2本。それから少しずつ料理をするようにもなり、包丁も砥石も信じられないほど膨脹してしまったのだ。しかもお店を作って料理を客に出しているし・・・信じられない!

スポンサーサイト