FC2ブログ
湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
今日(1月13日)仕入れた魚と少し前の仕入れ写真

DSC_5809.jpeg


上の写真右端の黒いのと左から3番目は7、800グラムほどのメダイ。今日水深250〜280メートルの中・深海釣りで釣れたもの。メダイは水深80メートルぐらいにも5、6キロのがいたりするが、最近はこの小さいのが増えてきた。クセのない白身魚で脂はないが今回は刺身、柚庵焼き、粕漬け(500〜600円)などにしようと思う。大きなマサバは仲間の漁師が釣ったもので、シメサバ(5切れ500円)用にゴウ塩して一時間ほど経ったところ。脂が少し乗っているからかなり旨いだろう。真ん中のデカイのは通称スミヤキと呼ばれるクロシビカマス、といっても一般的には真っ黒のものを呼ぶが、これは背が茶色で腹は銀(カゴカマスと言うらしい)。黒いのより旨いと言われてるが、これほどのサイズは滅多に釣れない。皮の下に小骨があり、骨切りしてタタキ(500円)にしたり、ぶつ切りの塩焼き(600円)が一般的。脂が乗ってて旨いよ〜。スミヤキの左は中・深海の小ムツ。昨日釣ったもう少し大きいむつは刺身にするが、これは煮付けかな(1000円)。小さくとも脂があり味はバツグン。その左はいわずと知れたノドグロ(アカムツ)。ちょっと小さいけどやっぱ刺身かな〜。刺身5切れ1000円で注文する人いる?一匹煮付けにしたら3000円?2000円でも注文する人いるかな〜?マダイは仲間が釣ったもので、これはやっぱ刺身(500円)や鯛茶漬け、あら煮などかな〜?柚庵焼きも旨いけどね。最後のトゴットメバルは煮付けのみ(500円)。仲間にメバル、マダイ、サバ2本でいくら?って聞いたらあわせて500円でよいってよ。

下の写真は少し前のもので、この時はアジやイナダ、アマダイ、イトヨリなど他にもいくつかあったが、一種類ずつ寄せ集めてみた。上のホウボウは刺身、カイワリは塩焼き、イナダ、アジは刺身、アマダイはフライ、イトヨリは切り身にして南蛮漬けにしたっけ。

DSC_5761.jpeg



これら以外にもほぼ常備しているのがキンメやシロムツ、イトヨリ、アマダイ、冷凍シラス、茹でて冷凍したサザエなど。今日はアマダイはないが、それ以外揃ってるし、昨日釣ったムツ2匹や、ユメカサゴ3匹、ドンコ1匹、メダイなどがある。

雑魚番屋は客が少ないし、これらを無駄にしないよう使い切るのは至難の技で、血合や水気をしっかり取り、腹にペーパーを詰め、布に包み真空パックして保存するのだが、それでもまだダメになるものがある。なので、魚が多い時は刺身や小魚の煮付け、魚フライなどお通しにしたりして、少し雑魚番屋のスタイルが出来つつあるかも知れない。




スポンサーサイト