湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
なんだかフツーの松の枝になったような


2014:7:15:2829 2014:7:15:2846 2014:7:16:2847 2014:7:15:2849
7月15日撮影の松ぼっくりと枝。

2014:7:15:2855 2014:7:15:2857 2014:7:15:2861 隣りの枝の松ぼっくり。こちらの成長が普通サイズ。


この定点観測で失敗したのが二つあって、一つが3代ボックリを一度に撮るアングルだと午前中逆光になること。最初の撮影が午後だったのか、まったくそのことを計算に入れてなかった。
朝一でまず松を撮影してから次に移るので、どうにも困るのだ。

次の失敗は、3代の松ボックリが揃っている枝だから、これはいいかも、と思ったのだが、どうもこの枝の2年ボックリと1年ボックリの成長が悪い。ま、補足として近くの成長のいいのを合わせて載せているので、そちらが普通サイズと思ってくだされ。

で、今回逆光が強いので遠くから3代揃ったのを望遠で撮影してみたが、松葉が伸びてきて、2年ボックリと1年ボックリがほとんど隠れてしまった。なんだかフツーの松の枝になっちゃったね。


2014:6:25:2398 2014:6:25:2415 2014:6:25:2419 2014:6:25:2420
6月25日撮影の松ぼっくりと枝。


6/25と7/15の違いは松葉の伸び具合と3年ボックリの色の褪色度あたり。もうほとんど茶色が落ちてグレーとなってきている。
あと、2年ボックリがほぼ最大になり、そろそろリスが青いエビフライを作り始めそう。

一方、1年ボックリはピンクだったのが黄緑色になったが、ここで成長を止め、来年の3月まで待機するのだろう。1年ぼっくりに囲まれた来年の枝も白いとんがり芽のままなのだろうか。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/104-cc3e546a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック