湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
林道を9キロほど歩いてきた


2014:8:4:2996

2014:8:4:2979

昨日、下界から見た林道は雲におおわれていたけど、行ってみたら雨はパラパラ程度なので、涼しいし、運動がてら少し長めを歩いてきた。

こんな日は誰も来ないから動物に出合うことが多いのだけど、県の見回りのクルマが追い抜いて行き、しばらくして戻ってきたから、まあ、追っ払ってくれたのだろう。あちこちで気配があったし、エサになりそうな大きなカニが数匹林道を歩いていたけど、姿は見られなかった。

途中、幕山入口付近で青いエビフライがないかチェックしたら、ごくわずか、1回か2回分の鱗片が落っこちていた。たぶん3、4日前のもので、この日食べた新しいのは無かった。
昨年や一昨年はこの時期毎日のように食べていたから、リスが少なくなったのか、それともこの場所の松ぼっくりの出来が悪いのか、そのどちらかだ。

ま、松ぼっくりの観察から、毎年豊作とならないのが分かったし、リスが居ることはいるのだから、この場所の松ぼっくりが今年不作なのだろうと思う。

ただ、林道の一番西に一本だけあるオニグルミの実がほとんど残っていて、ここにリスが現れないのも分かった。以前なら今頃きれいになくなっていたハズ。このクルミの木の斜面の上には松林があるが、そこにもエビフライが見られないし、林道西からリスが消えてしまったのは確かだ。
私が初めてリスに出合ったのがこのエリアだったからさびしいね。

2014:8:4:3016


昨日はまた、林道で猛禽が鳥を襲った食痕も見つけた。はじめ、羽根が大きくキジバトだろうと思ったが、風切羽根の縁が黄色いのがあるし、黄緑色の雨覆(?)も多く、最後に全体が薄黄の大きな羽根が一枚出てきて、分からなくなる。

黄色い羽根はキセキレイかもしれない、でも、羽根がデカすぎるから、ひょっとしてアオバト? と、帰ってからネット検索してみたら、やはりアオバトで間違いなさそうだった。
警戒心が強くてなかなか見られないアオバトもやられちゃうんだね。襲ったのはオオタカか?
羽根の写真は次回以降にアップする予定。

昨日はまた、森を観ていて、新たな感慨をもった。というのも、林道脇の木々がこの10年で大きく成長し景色がだいぶ変わっきたことにあらためて気づいたのだ。
夏の林道はイタドリなどが伸びて鬱蒼となるけど、それとは別に、松枯れで開けた場所にミズキやヤマグワ、ササなどが育ち、それがどんどん成長しているのだ。特にヤマグワが多いような気がする。

昔、明るかった林道が、昨日やけに暗いと感じ、それでじっくり観ていき、そんな場所が数箇所あるのに気づいたのだ。
ただ、10年前からまったく変わらない場所もたくさんあって、その違いは何だろうと思う。これも調べなくちゃね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はぁ~今日もビールがが、うまい(^_^)/
今度は、ごちそうさせてね(^^)
今日は、少しは、涼しいのかな?
2014/08/08(金) 09:23 | URL | つみれ #-[ 編集]
どうも〜、いろいろやってますよ。

今日は船を真鶴港へ移動しました。陸のカッパやってます。
また一杯やりましょう。



2014/08/09(土) 09:41 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/107-85074f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック