湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
草刈りは必要だね


2014:9:24:3600

2014:9:24:3591
まだ花が残っているのが3株あった。タネを採って育てられるのだろうか?


林道入口ゲートの鍵をもらったので、昨日刈り残されている希少種周りの草刈りをしてきた。
1時間ぐらいで終わるだろうと軽い気持ちで行ってみたら、すいぶんと残っていた(私が注文つけたのだが、ハハ)。で、3時間近くかかってカマで刈ったら腰が痛くなってくる。

写真のヒキヨモギの箇所では周りを刈り取って、裸にしてしまったけど、大丈夫だったろうか? ちょっと不安。刈り終わって数を数えてみたら28株もあった。

草刈りをしてみてよく分かったのが、これらを保全するためには草刈りがとても大切だということ。昨年刈り残した場所のススキは株が成長して太っているし、ササが伸びてはびこるし、その他もろもろ大きくなっている。

ここを草刈りをしないまでま数年放置すると、弱い植物は消えてなくなるだろうと思えた。不思議なもんだね。この林道を作るときに拓いた道路サイドにできたわずかな土のスペースに、眠っていたタネが芽吹いたのか、それともどこからか飛んできたのか。

別の場所のトモエソウはヒョロヒョロしたのが3株だけあった。これでは今年もう花は咲かないね。大きな花の咲いたの盗んでいったドロボー、返せ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/114-aace24c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック