湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
もともとあった? それとも運ばれてきた?

2014:9:27:3646
道路左側の茂みは全部アメリカセンダングサ/

2014:9:27:3637
ネットの向こう側が全部アメリカセンダングサ/

いま林道の法面工事あと周辺がたいへんなことになっている。アメリカセンダングサがび〜〜〜〜〜っしりはびこっていて、他の植物が同じ場所に一本も交じってないほど。

アメリカセンダングサは前々から見られたが、これだけ群生したのは工事のせいで間違いない。ただ、工事のトラックが運んできた土の中にタネが入っていたのか、工事で整地した場所に潜んでいたタネが発芽したのかはよく分からない。

このアメリカセンダングサ、北アメリカ原産で、大正時代に日本に来た帰化種ということになっている。これを駆除しようとはとても思わないが、大陸のものは生命力が強いのか、一種が一面を支配してしまうようで、多様性が美しい日本の風土とは合わないように思える。

同じ北アメリカ原産も要注意外来生物に指定され、私が駆除しているセイタカアワダチソウは、林道入口から白銀橋までの6キロ間でほぼ見られなくなっている。
実はこの日も20本ほど抜いたのだが、もうたぶん20、30本も残ってないだろうと思う。トータル何本引っ込抜いたことだろう。2000本以上かな。目につくたびに駆除してきたけど、毎回毎回どこかに発見するな〜。

2014:9:27:3621

林道の一箇所ではツリフネソウが花盛りだった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/116-1b7e4518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック