湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
これは助かる! いい図鑑だね!

3801.jpg


すっかり報告が遅くなってしまったが、先日、誠文堂新光社から「樹皮と冬芽」鈴木庸夫/高橋冬/安延尚文/共著、が送られてきた。

鈴木庸夫(isao隊員)/高橋冬(k-ta隊員)は野生生物探検隊の隊員で、古くからの仲間。安延氏はisa隊員の図鑑を多くプロデュースするnaoさん。この本に私の写真2点(リスが樹皮を齧ったもの)が載っているため、発刊と同時に出版社から送られてきたわけである(送るよう手配してくださったわけだが)。

この図鑑、まだじっくり見てないが、たいへんよくできているように思う。私の場合、野草は少し覚えたが、樹木はまだこれから。
名前を知ってるページを開くと、一発でフムフム、これこれ、だったし、写真が大きく、補助の写真も付いていて分かりやすいし、解説もよかったね。樹皮に残るフィールドサインや樹皮を利用する文化、なんてコラムもいいね。

この図鑑を手にしばらく森を歩いてみようと思った。

前作の「種子と果実」もだけど、手間のかかる撮影や資料調べなど、ていねいにこなし、ほんとにいい仕事をている。すばらしい!
そういえば若い頃、k-ta隊員と一緒に誠文堂新光社の仕事よくしたね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
一発で…ふむふむなんですね…
私も…その、本、見たいです。
今度、機会が、あれば見させて…下さいね……
2014/10/21(火) 21:16 | URL | #-[ 編集]
いっぱいほめていただいて恐縮です。でも役にたってくれたら一番うれしいです。

ホントに又々誠文堂の仕事をやるとは思いませんでした。昔なつかしですね。

とても大変な仕事でしたが、やはりフィールドに身を置いてあれこれ見ているというのが大事なことだとつくづく思いました。

皆で行けばみつかることも多いですしね。
またよろしくです。
2014/10/22(水) 10:23 | URL | k-ta隊員 #m.L0USWY[ 編集]
名無しさん、こんど見てもらいますよ。楽しみにしていてください。

k-ta隊員、ほんと役に立ちそうですよ。お客ないのに雨続きで、林道にも行けません。こんな日にも図鑑をめくったりします。

誠文堂新光社、まだ頑張っているんですね〜。
2014/10/23(木) 06:24 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/119-d9e1f556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック