湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
「フ、フニュ〜〜、フニュ〜〜!」って誰?

2014:10:28:6877
あちこちで見られたトリカブトの花/


昨日は林道と森の中と合わせて5キロほど歩いてきた。そんで、林道を散策中にこれまで聞いたことのない鳴き声と遭遇したので、まずそれから。

ある場所で足を止め、何かを眺めていたときのこと。私から2、3メートル左の草むらの中から、いきなり「フ、フ、フニュ〜、フニュ〜」と大きな鳴き声が発せられたのだ。
ン? なんだろ? と音の方向を向いても草で見えないし、またもや「フ、フニュ~、フニュ~」と鳴き声がする。

ほんとうに文字のごとく「フニュ~」なのですよ。過去に一度も聞いたことがないけど、迫力のない高めの音で、ひょっとしてイノシシの子供かも、と思った。
なので、子供がいれば大人もいるかも、とこちらも警戒体勢をとり、覗き込むことをしなかった。

そしたら、「フニュ~、フニュ~」と鳴きながら、斜面を下り始めた様子。そっと近づいてみると、そこは急な崖になっていて、20メートルほど下を何者かが駆け下りていたが、姿がすぐ隠れてしっかり確認できなった。

たぶんイノシシの子供が私を発見して草むらに隠れてやり過ごそうとしたのだろう。ところがすぐ側に止まってしまい、しかも手を伸ばせば届きそうなぐらいだし、反対側は土と岩の露出した危ない崖だし、恐怖が頂点に達して鳴いてしまったのだろう。

私の方も林道に何かが飛び出してくる怖さもあり、相手が一匹とも限らないし、と対応が後手に回ってしまった。しかし、イノシシの子供の鳴き声はブーブーとかビービーしか聞いたことがないけど、ほんとにこれなのだろうか? アナグマとかハクビシンはどうなんだろ?

2014:10:28:6862

写真は二本木と三本木あたりを探索したときに発見した青い松ぼっくりのエビフライ。小さな松ぼっくりだけど、2、3本しかない松にこだわって食べている。ここはクルミと両方がエサの場所。

2014:10:28:6873

そのクルミの幼木を二本木と三本木の中間あたりで発見する。リスが忘れて発芽したものだが、どちらからも100メートル以上離れているな〜。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本当に、フ、フニュ~って、鳴くんですか?初めて聞きました。不思議ですね…良かったですね。母親猪に襲われなくて…気をつけて下さい。
2014/11/01(土) 16:16 | URL | rikizo. #-[ 編集]
ほんとにフニュ〜って鳴くんです。不思議でした。
2014/11/03(月) 11:10 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/121-07b790ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック