湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
「ヤマネのお宿」にヒメネズミの痕跡!

2014:11:4:3947

2013:1:31:1793
以前撮影したヒメネズミ/

2014:11:4:3942
名前の分からないキノコがたくさんあった/隊長なら採られるだろうな〜と思いながら撮影/

4日、かなり遅くなってしまったが、晴れだし、足下も大丈夫だろうとヤマネのお宿チェック&回収に行ってきた。ともかくやることが遅〜〜〜いのだ。

数日前には別の箇所の4つ(一つ見失う)のお宿を回収しているが、こちらもヤマネの痕跡はなく、ヒメネズミが枯れ葉の巣を作ったと思えるのが一つあったのみ。
で、今回の12個(これも一つ見失う)の確認の結果は、5個に枯れ葉が詰まっており、ヒメネズミが利用したものと思われた。

写真のものには緑のササのような葉が入っているから、ごく最近ヒメネズミが運んだのだろう。でも、他のものには枯れ葉のみだった。

巣箱はだいたい15メートル以上の間隔で架けておいたが、2番と3番に連続して枯れ葉があったりして、ヒメネズミの生息密度が高いのか、それとも一匹が2つ使ったのか、疑問がわいた。

驚かされたのが、枯れ葉の数。多いのは5、60枚ぐらいあるのではなかろうか。ヒメネズミが一枚一枚口に喰わえて運んでる姿を想像すると愉快だね。このお宿だと、キツネやイタチ、テンやヘビからも身を守れそう。なので、12個の巣のうち5個までも利用したのだろう。

しかし、ヤマネはどこにいるのだろう? 来年春にまた巣を架けてみよう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰をしております、杉山です。
ヤマネの利用が確認できなかったとの事で残念です。
ヤマネもヒメネズミも複数の巣を用意しますから、同一個体が巣箱を利用したものと思われます。
「驚かされたのが、枯れ葉の数」との事で、野鳥用の木製巣箱にはもっとたくさん巣材が入ります。
ヤマネもヒメネズミも潜み場所の空間を巣材で満たし、その中心部分の空間で繁殖します。ですから元々の容積の小さい「ヤマネのお宿」は利用動物にとって、より樹洞に近い空間と思われます。
また来年もチャレンジして頂けるとの事で、ヤマネのお宿が必要でしたら、お気軽にお申し付けください。
それではよろしくお願いします。
2014/11/07(金) 12:48 | URL | 杉山昌典 #bxXG0pwM[ 編集]
ヒメネズミがあんな高いところにも巣を造るんだ。
クマのように爪を引っかけて昇り降りするわけではないので(?)、リスのように昇り降り?
樹皮がざらついていると登りやすいのかな?
2014/11/09(日) 06:40 | URL | fukuda,fumio #-[ 編集]
杉山さま
ヒメネズミの複数の巣、ありがとうございます。今年はヤマネの確認できませんでしたが、ひき続き探索します。
よろしくお願いいたします。

隊長
あの手足で、と思うのですが、頭から幹を下る映像をたくさんみました。
足がよく曲がりますね。

2014/11/10(月) 05:01 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/124-051af337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック