湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
道路に点々とあったこれ何だろう?

2014:10:20:3833

2014:10:20:6792

10月の半ばだったか、林道を歩いていて写真の奇妙な物体を見つけた。数年前にも同じものを見ていて、何か分からないまま忘れてしまっていたが、今回はびびりながらも撮影し、じっくりながめてきた。

だけど、棒で解体するまではしなかった。あとで長い棒ならよかったと気づいたが、あとのまつり。これなんだろうか?

長さは長いもので20センチぐらい。太さ5ミリはあるだろうか。ミミズのように円筒形だが正円でなく少し扁平なところがあるし、太さも均一でない。それと、ところどころに節があるように見える。

また、まわりの透明な液体はものすごいねばりがあるようで、盛り上がっている。
これが下の写真のように点々とバラまかれ、100メートル以上離れたところにも小さなのがあった。

そんで、色々考えたのだが、これはまず動物から排泄されたか吐き出されたものだろうということ。この白い物体が森の中で自力で生きているものには思えないし、点々と落ちている具合が吐瀉物の状態そのままだ。
とすると、透明な液体は胃液、腸液(?)あたりか?

ならばこの白いのは寄生虫ではないのか? 液体の量と白い物体の大きさからして、宿主はイノシシとするのが妥当か。そう思ってネットでイノシシの寄生虫を調べても、該当するものが出てこなかった。

う〜む、ホントにこれ何だろう?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うーん、変なものですね。
硬そうにも見えるし、柔らかそうにも見える。長いもので20センチもある。
寄生虫の一部だとすると、こんなに大きくて半透明な寄生虫って?カイチュウなら何度も見ているために、子供の頃はウドンが食べられなかったが、この半透明なヤツは、、うーん、ネットで調べたら、広節裂頭条虫に似てます。
2014/11/12(水) 16:31 | URL | fukuda,fumio #-[ 編集]
「広節裂頭条虫」も見たのですが、どうも違いますね。
これ、軟らかそうなんですが、見たのを全部合わせると数十センチの長さになります。
不思議ですね〜。
2014/11/13(木) 05:50 | URL | take #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/125-9660abfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック