湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
林道は冬鳥でにぎやか

2014:11:19:4010
ヌルデの実を食べるジョウビタキ♂/
2014:11:19:4018


2014:11:19:4062
アメリカセンダングサの種子を食べるアオジ♂(上)♀(下)/
2014:11:18:3983

イノシシに吠えられた翌日もまったく同じ行程の10キロを歩いてきた。でも、同じ場所でイノシシに出合えるわけもなく、枯れた植物の種子をにぎやかに食べる冬鳥達にカメラを向けたり、植物の観察をしたり4時間ほど散策してきた。

上の写真のジョウビタキは少し前から鳴き声は聞いていたが、姿を確認したのは今回が初めて。私は、鳴き声で小鳥の種類を言い当てられるほど精通してないが、このジョウビタキのタッタッタ(?)って特徴のあるのはすぐ分かる。
オスの鮮やかなオレンジ色の腹とグレーの頭と黒い顔のコントラストがよく目立ち、すぐ見つけられるね。

下の写真のアオジは、枯れたアメリカセンダングサの中に群れでいて、カメラを構えてもなかなか姿がとらえられなかったもの。
近づくと、センダングサの上に高く飛び出さず、草間を姿を隠しながら低く飛んで逃げるので、撮ろうにもどうにもならなかったのだ。でも、今回は近くの枝に止まってくれ、アオジであることが判明した。(下は♀)

他にも冬鳥はたくさんいるのだけど、なかなか撮れませんね。

2014:11:18:4048

あと、道路脇に面白い形をした植物発見、と思ったらおなじみのゲンノショウコの種子が熟れて、タネを放出せんばかりの状態だったのだ。
この5つにカールしたバネのような中のそれぞれに一つタネが入っているのだが、しかしまた何でこんな面白い形にする必要があったのだろ。最後はバネがはじけてタネが飛んでいくのだろうか。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/127-0476eb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック