湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イノシシはオニドコロの根茎を食べている?

2015:3:1:7593
あちこちにイノシシが掘った穴が見られる。

2015:3:1:7598
穴を一つ一つチェックしていくとイモが転がっているものがいくつかあった。

2015:3:1:7604 割ると薄黄色で齧ってみたら苦みはそれほどでもなかった。


2015:3:1:7613
林道脇がこのように何箇所も盛大に掘られていた。

2015:3:1:7615
ここにも根茎がころがっていた(集めて撮影)。

写真は2月の終わりに花粉覚悟で林道へ行ったときのもの。
いよいよ山にエサが無くなってきたのか林道脇にイノシシが掘り返した穴がたくさん目についた。

この冬これまでそう多くなかった穴だけど、空腹に切羽詰まってササ根やクズ根を本格的に食べ始めたかと、穴の中を一つ一つチェックしてみると ン? イモがところどころに転がっている。全部の穴で見つかったわけではないが、数箇所の現場でそれぞれ複数の穴からこのヒゲ根を確認できたのだ。

クズ根が見つかったのは一つの穴だけで、ササ根食いは数箇所見られたが、その他多くの穴はほぼこのイモを食べたのではないかと思えたのだ。
それはクズ根の場合ほとんどの穴で残骸が残るし、穴の深さが40、50センチ以上と深いのがあり、ササ根食いは切られたササ根が転がっているしで判断できるのだ。

しかし、以前アップした(2014/1月)クズ根を掘り返したの穴の中にオニドコロの根茎も転がっていて、イノシシはこれを食わないものと結論しかけていた。
今回見つけた根茎は折ると薄黄色で、以前見たときは白だったような、齧ってみてもそれほど苦くもないしと、オニドコロのと違うかもと調べてみたが、しかしどうやら同じものらしい。

ネットの解説にはオニドコロの根茎は苦くて食べられないとか、嘔吐するとかあるから、この食べ残しているところはきっと毒成分が含まれるとか不味かったりするのだろうね。
でも東北地方の一部ではこれを加工し食べるところもあるようだし、まったく食べられないわけでもなさそう。

オニドコロは林道脇のどこにでもあり、量も豊富。私がこれまで気づかなかっただけで、イノシシは毎年エサとしていたのかもしれない。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
イノシシはこんなに掘り起こしてもオニドコロの根茎を食べきらないで残すのはどうしてなのだろうか?
まさか、根茎を残すことによってオニドコロの絶えてしまわないようにしている訳でもないだろうに!

このようなダラシナイ食べ方は、サルもそうであり、floppy feedingと呼ばれていました。
でも、こういうダラシナク、無駄の多い採食の仕方は野生動物は全てそうですかねえー。
2015/03/20(金) 13:02 | URL | 三四郎 #-[ 編集]
なにか苦みの匂いがするとか理由があるのじゃないかと想像しましたがどうでしょうか?

サルの場合は、なんでですかね〜。ネコもだらしない食べ残しをしますが・・・。

2015/04/21(火) 10:52 | URL | take隊員 #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/133-1c929937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。