湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
トモエソウの花が終わっちゃった

2015:7:21:5211
二日前に蕾だった最後の一輪がもうしぼんでいた。

20日に行ったときは右下の花が終わっていてがっかりし、小さな蕾なのにあっと言う間に咲いてしまうもんだな〜ととても驚かされた。
で、最後に一つだけ残った蕾があったから、これはぜったい見なくちゃと、22日の昨日、まだ一日ぐらい早いかも、と楽しみに行ってみれば、なんと写真のようにもう終わっていた。

蕾はパンパンに膨らんでなかったのに翌日咲いて、一日でしぼんだということになる。いくら天気がいいからといってそんなに早いもの? トモエソウって一日花だっけ?
しかし、5回ぐらい通ったのに一輪も咲いているのが見られないなんて花を見るのも大変だ〜。

2015:7:21:5247
神奈川県の絶滅危惧1類のスズサイコ。一箇所で10数株見られた。ただ半数以上の花が虫に食べられて無かった

昨日はまたほぼ湯河原だけに見られる希少な植物がどうなっているか調べて少し歩いてみた。とくに気になっていたヤマジソは2年前に20株ほど確認していたが昨年は見られず、今年も観察できなかった。
遊歩道脇のきわめて危うい場所だったからもう絶滅してしまったのかも。

スズサイコも神奈川県の絶滅危惧1類だが、これは一箇所で10数株確認でき、変わらず続いているのが分かった。同じ絶滅危惧1類でもタチフウロは草原のいたるところに咲いているし、カキランも花が終わっていたが20株ほど見られた。
ただ写真のように多くがノウサギに食われていて、初めてのことなのでとても驚いた。

2015:7:21:5283
ノウサギに食べられていたカキラン。小さい上部の葉と花もしくは実を食べた?


このカキラン案外生命力が強く、盗掘にさえ合わなければずっと生存していけそう。でも、ここ3、4年で一箇所から数株が姿を消していて、あきらかに掘り返した痕跡がみられた。神奈川県の自然のカキランで50株以上あるのが箱根、他はみな10株未満と資料にあった。湯河原にも50株以上あるけど、神奈川県の総株数はたぶん200ぐらいか。やめてほしいね。

2015:7:21:5261
ススキに隠れて咲いていたカセンソウ(上)とタチフウロ。タチフウロも絶滅危惧1類だが湯河原には多い。
2015:7:21:5235

草原の中へ入り込んだら、背の低いカセンソウやタチフウロ、チダケサシがたくさん隠れてたし、オミナエシがもう咲き始めていた。
草原はもうすぐ花盛りになりそうだ。

2015:7:21:5268
オミナエシがもう咲いていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/148-6047c766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック