湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひょっとしてコイケマかもしれない

2015:8:7:5575
やまぼうしさんが一昨年発見した場所に2株出現したイケマ/
2015:8:7:5580

2015:8:7:3:5580
花冠裂片が反り返らず淡黄白色とあり、神奈川県植物誌の図版とそっくり/

1367486110.jpg
2011年7月撮影のタンザワイケマ/

今日林道へ行き4度目のタンザワイケマ発見! 一昨年やまぼうしさんがイケマの果実(蔓は涸れて葉はなかった)を見つけてくれた場所で、昨年見られなかったのに今年は2株出現。
タンザワイケマを見つけてはそのつど見失ってきたからとてもうれしく、喜んだのだが、写真を以前のものと較べていてなんだか葉の形が少し違っているように思えてきた。

そして、神奈川県植物誌をめくってみると、タンザワイケマは葉の基部の湾入が浅く開口部が広い傾向にあるとされ、併記されてるコイケマの葉の基部は深い心形となっていてこちらの方がよく似ていた。また、図版に描かれた葉を見ても、写真と同様の違いである。

それと、コイケマの花冠裂片は淡黄白色で反り返らずタンザワイケマよりさらに閉じる傾向がある、と解説されている。図版にある花の形もボケボケアップ写真とそっくりだし、淡黄でもある。

ということは今日見つけたのはコイケマの可能性が極めて高いということになる。

しかし、2011年7月に撮影したイケマの方は、葉の基部の湾入が浅く、開口部の方が基部より広いかんじ。なのでこちらはタンザワイケマではないだろうか。これは林道の西の方で撮影したもので、今日のとは8キロほど距離が離れている。
これも見失ったままだから来週あたりコイケマ(?)の花の拡大写真を撮りがてら探してみようと思う。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/154-a470aa29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。