湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
初めてのマルバフジバカマとキジョランの実

2015:9:30:6514
マルバフジバカマ/2株だけしか発見できなかったが、花がないと見落とすね/

2015:9:3:6560
キジョランの実/直径6センチぐらいありそうだった/


昨日、30日はからっとした気持ちいい天気で、久々に林道へ出かけてきた。ひどい運動不足だけど無理をせず、5キロぐらい歩ければよしとして主に植物観察をやった。

動物の撮影は、先にこちらが気付く必要があるから常に遠くを見てないとだめだが、植物の場合は足下を多く見て行くことになる。動物目と植物目とでははやはりだいぶ違うが、最近は植物目で歩くことが多い。

カメラのレンズは基本300ミリを付け、いつ動物が出ても対応できるようにしているが、撮るのはもっぱら植物なので頻繁に取り替えることになる。これをさぼると千載一遇のチャンスを逃してしまうのでやるしかない。

でもま、昨日は動物にも出合わず、足下の植物をたくさん観察してきた。大きな収穫は湯河原初のマルバフジバカマを発見したこと。北米原産の帰化種のようだが、どこにでも見られるわけではない数が少ない種のようだ。

あと、キジョランの実が生ったか気になり行ってみたら大きなのが2つぶら下がっていた。これも初めて見たが、直径6センチはありそうなものだった。ただ本来は高い位置にあるのだろうが、蔓のほとんどが地面近くを這っているのでしかたなかったのか。これでは綿毛の付いた種も遠くまで飛んでいけないだろう。

2015:9:30:6555
ミヤコアザミ/

2015:9:30:6564
シオガマギク/

散策中、ほんとたくさんの花が咲いていたが、もうしわけていどに一部だけ撮影してみた。湯河原に多いミヤコアザミが遊歩道脇だけで数株咲いていたし、シオガマギクやコシオガマなど目にとまった。次は動物目で歩いてみようと思うが、はたしてどうなるだろ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キジョランに実がなったのですね。
鬼女のようになるまで見てきてください。 

マルバフジバカマは増えてしまって困っている植物です。
箱根では超繁茂していて最近では大山の阿夫利林道などでも
繁茂しているのを見ています。

ちょっと見きれいなので植えている人がいたり、これも増える原因ですね。
これからどうなって行くか見ていってください。
2015/10/01(木) 09:05 | URL | やまぼうし #-[ 編集]
マルバフジバカマ、そんなに繁茂しているのですか、知らなかった。新しいのを見て喜んでいる場合じゃないですね。

キジョラン、二つだけですが実を付けてました。髪を振り乱す鬼女を見てみたいですね。
2015/10/01(木) 13:52 | URL | take隊員 #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/164-cb8f25ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック