湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
最近うまいシラス丼が食べられる

2015:10:27:6811

このシラス、1時間ほど前に仲間の漁師が目の前の海で網を曳いて獲ってきたもの。彼はまだシラス漁を始めたばかりでなかなか上手く獲れないが、それでもときどき成果があり、声が掛かって1パック500円(250g)で買っている。

大漁ならもらってもいいが、今日など3キロもないというから4パック仕入れて、知り合いの店におろしたりする。

このシラスを渡される寸前まで北大路魯山人のエッセイを読み、この一大美食家がどんな料理を食ってたか作ってたか、料理に対する考え方だとか、いろいろみていたところ。まあ食をとことん追求した人のようであるがこのシラスをみたらどう評価するだろうか気になった。

また、エッセイを読んでて気づいたのが、HP「手前板前」の魚山人さんの書いていることと共通点が多いこと。魯山人と魚山人だから何かあるとは思っていたけど、これですっきりした。

魯山人はともかく旨いものを追い続けた人で、料理は最高の素材を見つけることがまず一番で、素材の目利きになることや、旨い部位を知ること、時期を知ることなど言っている。
そんなことはもちろんお金持ちでなければできないことで、私なぞはなっからあきらめていた。そこそこ美味しければよくて、ときどきご馳走が食べられればベターぐらいだったが、ここのところ料理熱に冒されてなんだか変な方向へ進みつつある。

それというのも、包丁を研いだことがきっかけで自分で色々料理を始めたことにある。決して美食を求めているわけではないが、写真のように生シラスが手に入ったり、新鮮な魚がいつでも釣れる強みもある。

もともと半農半漁を言ってたのだが、考えてみるとこれが魯山人の言う新鮮な素材が必須の美食料理の基本かも。魯山人は裏の畑で採ったばかりの野菜を使えと言っているのだ。

これまで食べ物のことを本気で考えたことがなかったし、美食を求めるのはあまりよしとしてこなかったように思う。だけど、この環境の中でできることならやってもいいように考え始めている。

ま、そんなたいそうな話ではないのだけど・・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/171-e76593e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック