湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
親からはぐれた?ポン太かポン子

2015:11:17:2:6973
2、3mの至近距離で撮影したが、シャッター音は気にするものの顔をこちらに向けない/
2015:11:17:2:6980
「おい、どうしたの」と声をかけるとこっちを向いたが、恐怖の表情になっている/


カメラを忘れたときに限って動物が出てくるのだからがっくりくる。今日林道へ入ってすぐのところで、小さな動物がお尻をこちらに向けたまま立っていた。始めその小さいのと逃げようともしない動きから、ネコかもと思ったが、まるまるとした尻と毛色ですぐ子タヌキと分かる。

このときは親とはぐれ、夜通し歩き回って疲れきったため逃げる元気もないのか、それとも目が見えなくなっているか、まだ人間の顔を知らないのかなど頭を巡った。しかも信じられないことに道路にしゃがみこんでしまったのだ。
ひょっとしてと思い、おにぎりをちぎって投げてやると上手く目の前に落ち、一瞬喰わえて食べようとした。腹が減っているのは間違いなさそうだ。

しかし、2、3片投げたが、上手く探し当てられない。やはり目が見えないのだろうか。携帯でとりあえず撮影し、しばらく散策して帰ってくると驚いたことにまだこの子タヌキがいたのだ。数10mほど動いていたがしかし林道上なのは変わりない。

これはカメラを取りに帰っても間に合うかも、と急いで往復し、もといた場所へ。そしたらなんと姿が見えないのだ、がっくりする。でもあの体力ならそう遠くへ行けないだろうと思い直し探すと、便所脇へ駐車された車の陰にいた。

それを85ミリで撮ったのが上の写真だが、やはり目がよく見えてないように思えた。シャッター音を気にするが、こちらに目を向けない。声をかけこっちを向かせて撮ったら、恐怖の顔になっている。のっそり立ち上がり、車の下へ隠れたが、歩くときに左足を引きずるようにしていた。どうやら怪我をしているようなのだ。これでは森の中の起伏のある所は歩けないだろう。

なぜ目が見えなくなったか分からないが、その結果怪我をしたのではないだろうか。だけど、あまり痩せてないのでごく最近まで親からエサをもらっていたように思えたが・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/175-d7ed3ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック