湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
この1280円の土鍋はすばらしい出来

DSC_7243 のコピー

DSC_7240 のコピー

DSC_7268 のコピー
追加:用事を済ませた2時頃、さてなにを食べようかと思った時チャーハンを思いつく。そしたらやはり古米を炊いた土鍋ご飯はバッチリ合った。見事にパラパラチャーハンに仕上がったのだ。


昨日の午後、ホームセンターへ買い出しに行ったついでに気になっていたこの土鍋を買うことにした。これまで雑炊を炊いたり酢飯を炊いていたのは鍋物など作るいわゆる普通の土鍋で底の丸いもの。しかしネットなど見ると炊飯専用の平底の土鍋が売られていて飯がとても旨く炊けるとか。でも、これとそっくりのものが手が出ないほど高価だったのだ。なのでこいつはなぜにこれほど安いのだろ、どこか欠陥でもあるのかと疑問だった。

あらためてこれを手に取りしげしげ眺めたり、蓋がぴったり合うかとか確認したが、何も問題なさそうだった。それに箱の中には初めて使うときの注意や米の炊き方などが書かれた綺麗な印刷物まで入っている。これはもう買うしかないだろうとなったのだ。あと、も一つの不思議は、土鍋のコーナーに同じ2合炊きの物がたくさん並んでいて、3号炊きのものまであったこと。ホームセンターに炊飯専用の土鍋が並ぶとは、世間で土鍋で飯を炊くのが流行っているのだろうか、それとも以前から多かったのか。

で、今日はお客が急にキャンセルになり朝から鰹節を削り出汁を引いたり、この土鍋で2号の飯を炊いたりしたのだが、これが、見事につやつやと光る米粒の立ったご飯が炊けたのだ。でも、すし飯用にコンビニで買った古米だったから見た目は美しいけど、甘さが少し足りないように思った。これでカツ丼を作ったが、この米ならやはり酢飯やチャーハンが合うかも。これからは米の種類も研究しなければならないね。朝からカツ丼や天丼を食べることがたまにあるんですよ、だけどよく見てくだされ、カツは4切れでご飯も少ないでしょ。となりの味噌汁のお椀一杯ぐらいの量なのだ。

明日から30日までお客があり、それで今年は終わり。昨日は養殖棚にハバノリの菌を着けたロープ8本を張り、28日午後は養殖昆布の種付けをし、養殖棚に設置する。27日午後は友人宅で餅つき。さて、正月の魚はどうしよか、一年が早すぎる〜!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/182-0ea49c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック