湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
同じ骨抜きでこれほど差があるとは

DSC_7711 のコピー 2
オキギスを捨てるならくださいとバケツをおいてたら、サバもいらないと下さり、シメサバに。

7760 のコピー 7770 のコピー
いままでの骨抜き(左)は先端の挟むところの幅が小さく強く握るとハサミのように骨が切れていた。3つの骨抜きの一番下にあるのがこれまでのもの。


上の写真は一昨日お客さんにオキギスとともに頂いた一匹のサバをシメサバにしたもので、昨日駅前の店に持ち込む前に撮影しておいた。サバが好きな常連客がいるのだ。サバをくれたお客さん、なぜいらないかというと、釣った魚は自宅で食べず、寿司屋に持ち込んで料理してもらうから。アラやムツが釣れ、大衆魚のサバはいらないというのと、料理屋は釣ったサバはジンマシンやアニサキスの危険があるから刺身にしてくれないという事情もある。

このシメサバ、一竿子忠綱のふぐ引き(青紙2号)で切ったが、刃が鋭すぎて力を入れると予想より深く切り込んでしまうから切りかけ作りの加減が難しかった。いい包丁の切れ味はほんとに素晴らしい。だが、今回もっと驚いたのが新たに手に入れた骨抜きである(元料理人のを頂いた)。それまで使っていた骨抜きは中骨を強く挟んで抜こうとすると骨がよく切れてしまっていた。それをもう一度深く突っ込んで抜こうとしてまた切れたりすると、傷口が広がりズタズタのみっともない姿になる。ところがもらった骨抜きを使ったらどれも一発で抜けるのだ。

なぜだろうと骨抜きの先端の挟む部分を見比べたら、いままで使ってたのは平らな部分が狭まくてハサミ状になっていたのだ。ところが新しいのは挟む平らな部分が広くて中骨をきっちりホールドしてくれ、切れないのだ。いままで骨抜きで苦労してたのはいったい何だったのだろう。ほとんど同じに見えるのに、まったくダメなのもあったのだ。気付くのが遅いね。

この骨抜きはまた別の用途にも便利に使えることがわかった。それは根元のUの字になっているところで、魚の背骨に付いた血合いをこそげ落とすこと。大きな骨抜きのUの字だと難しいかもしれないが、これまで歯ブラシや細いタワシでやってたのが簡単に取れるようになったのだ。こびりついた血合いやワタの塊を挟んで取るなんてこともでき、たいへん便利なのだ。
今回あらためて思ったのは、何かに熟練していくことは道具にも精通してくるということだ。逆に言えば、何か引っかかり、上手くいかない場合はひょっとしてと道具を疑ってみればいいのかも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/197-48065f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック