湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
縄文人はどんな船で外洋を走ってたのだろう?

P1010018 のコピー
日本北回り半周4000キロを走った小型ボートの船型。全長5,5m(18,5フィート)幅2m。船首や舷側、船尾が大波にどこまでも上がっていくようになっている。

3536570ec4b.jpg 2713ffede.jpg
アイヌ人が5世紀以前にも外洋を走り回った丸木舟に横板をくくり付けた舟。(綴り舟)

Annual_report_of_the_Board_of_Regents_of_the_Smithsonian_Institution_(1890)_(18247334618).jpg
明治20年ごろのアイヌの丸木舟。主に荒れない海面や湖で使われたものだろうと思うが、丸木舟としたらすばらしい船型をしている。弓矢があってこれで魚を撃っていたのがわかる。ん?海鳥?


最近「縄文人見習いさん」という方と知り合い、縄文人が外洋を自由に走り回っていたのを知った。この方、糸魚川でヒスイの加工をされているのだが、5000年前、糸魚川から青森の三内丸山までヒスイが海路で運ばれたのがわかっているそうなのだ。そんで、丸木舟を造ってみたり、シーカヤックで糸魚川から三内丸山まで3ヶ月かけ、総距離800キロの冒険の旅をされている。かなり危険なものだったようだ。

しかし、縄文人がどんな船を使って外洋を航海しいていたかは分かってないそうだ。縄文時代の遺跡からは丸木舟が200ぐらい発掘されているから、丸木舟があったのは間違いない。でも、湖で使う底の浅いのや、以前紹介した男鹿半島の重い舟だとすぐ転覆するのが想像できる。そこで、荒れる外洋も走ることができる舟とはどんなものか、とりあえず基本性能だけでも確認しておこう。

舟は細いと直進性がよく、小さなエネルギーで速度が稼げる。反面、横揺れが激しく転覆しやすいし、たとえば大波の山から谷へ下るときに舳先が海面に刺さり、そこを支点に横転する。
一方、幅広は進むのに抵抗が強く、大きなエネルギーがいる。しかも直進性が悪い。
だけど、左右の安定はよく、転覆の危険が少ない。また、船底の形は平らだと波を叩くし、丸いとコロコロする。ボートにみられるようにV型がキツいと波あたりはいいけど、斜め後ろからくらうような波だと押されて横だおしになる。

日本半周したボートはこれらを考慮し造ってあり、予期しなかった3メートル以上の波でもなんとか乗り切った。このボートは陸揚げしても倒れないだけの平らの部分と、船首側はVで両サイドは少しトリマラン(三つの山)的に出っ張り、舷側が海面から30センチもないのに横からの波にも強い。過去には5メートル近いえぐれた波の斜面にへばりついてスロットル操作で乗り切ったことがある。波長が短く、すぐ後ろに次の波頭がせまってきていた。このとき40フィートクラスのクルーザーが後ろを同方向へ走っていたけど、ブローチング(後ろ波で横を向く)をくらい戻っていった。また、このボート波あたりがソフトで1,1〜1,2メートルぐらいの白波の中なら20ノット以上での巡行が可能である。
ま、パワーがあるからそんな芸当もできたけど、縄文の舟でも外洋を走るなら最低でも3メートルぐらいはしのげないと命がいくらあっても足りないだろう。

だけど、縄文時代のことである。鉄器がなくて石で削るだけでどこまでの舟ができるだろう。一つの可能性としてアイヌ人が5世紀以前に使って外洋を走っていた丸木舟に横板っをくくり付けた舟がる。アイヌ人は舟造りの技術が高くて丸木舟を極限まで薄く削り、波によく反応するよう船首や船尾の形もすばらしい。

明治20年の丸木舟の写真を見ていただきたい。同じような形をした2杯だが、右の方がより性能がよさそう。丸太が太かったのか横幅があり、船首も平らで波に突っ込みずらいし、船尾もそう。これだとちょっとくらい海へ出たって転覆しないだろうと思える。ま、とりあえず基本性能だけを。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/256-45b73c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック