湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
7000年前に八丈島に住んだ湯浜人は神津島の黒曜石を使っていた!

img_0-4.jpeg

またとんでもない記事を見つけてしまった。小田静夫さんという考古学者が書いた「八丈島の先史文化」(黒潮圏の考古学)の中に、

『1978年(昭和58)2月~ 3月、八丈町湯浜遺跡範囲確認調査団(団長・國學院大學永峯光一)が緊急発掘調査を行った。遺構として、竪穴住居跡2軒と屋外炉2基が検出された。遺物は、無文厚手土器、各種打製石器、敲石、磨石、石皿類であった。黒曜石が5点出土し、明大調査分16点、筆者採集分 1点を合わせても22点という、伊豆諸島先史遺跡としては極端に少ない出土量であった。黒曜石分析(鈴木正男)も行われ、産地はすべて神津島、水和層年代で7,100~6,400年前と出された(永峯ほか1984)。』

これを湯浜遺跡・湯浜人と呼ぶ。


その後、5000年前の倉輪遺跡も発見され、これには本土の縄文土器やら石器類(黒曜石/神津島産)や6軒の竪穴式住居跡が見つかり、同時に4、5軒建っていた可能性があるそうだ(200年間安定して定住したと推測している)。人骨3体(女性も含む)装飾品などが見つかっているからか。

これを倉輪遺跡・倉輪人と呼ぶ。

しかも、倉輪遺跡からはイノシシの骨がたくさん見つかり、舟でイノシシを連れてきて、放牧したというのである。また、神津島や本土へもたびたび往来してたとも。これでまた大変なことになってきた。伊豆半島から神津島どころではなくなってしまったではないか。どこまで古代の人はすごいのか。

私は前項で利島、新島、式根島、(神津島は?)は3万5000年前や2万年前は陸続きであり、下田沖に広がる陸地からおよそ20キロぐらいしかなく、小さな舟でも往来が可能と推測した。だけど、5000年前は海面が一番高い時期で、今より海が広かった。しかも、八丈島は神津島から三宅島、御蔵島と南下し、その75キロも先にあり、黒潮を横断しなくてはいけないのだ。一度三宅島沖で海が穏やかな日に黒潮の上を走ったことがあるが、遠くから見ても、黒い海面が他より1メートルぐらい盛り上がり、バシャバシャと波立っていた。流速は2〜3ノットである。

神津島の黒曜石は伊豆半島東岸の河津の遺跡に500キロほどの礫片と19キロの原石が見つかっており、ここに一度陸揚げし加工されたと推測されている。まあ言ってみれば昔の刃物を作る鍛冶屋さんみたいな人達がいたのだろう。とすれば、黒曜石を採取する人もそれ専門で、島に住み着いて舟で運んでいたのかも。関東から東海、北陸の後期旧石器時代の遺跡はすごい数だから、黒曜石の需要も大変だったと思われる。この海人の一部が晴れた日に神津島や御蔵島から見える八丈島を目指したのだろう。

八丈島から御蔵島までシーカヤックで20時間漕いで渡った人がいるが、イノシシやら土器やら女子供を乗せて八丈島まで渡る舟はそう小さいものではないように思えてきた。それに性能のよいシーカヤックで20時間かかるのなら、古代舟ならもっと時間がかかるだろう。そう考えると、やはり帆を持った舟ということになるが、風が無いときは練り櫂で漕ぐようにしてたのだろう。

この八丈島まで行き来できる舟をまた色々調べてたら、あるHPに「縄文時代の外洋船を考える」(三島里山倶楽部)というページがあり、そこに島根県松江市の美保神社の祭りに使われる「諸手船」(もろたぶね)が紹介されていて、たしかにこの舟なら外洋を走れるだろうと思えたのだ。この40年に一度造り変えられる舟は元は丸木の刳り舟だったそうだから、これが伊豆の海に浮いていたとしても不思議はない。この舟を2つ組んで双胴船とし、大きな帆をかけたら、ほぼ完璧となる。

img090.gif

img_0-2.jpeg

サバニもイタオマチプも船首、船尾とも大きく反っているし、いかに7000年前とはいえそれぐらい分かり、双胴にすればより安全で帆も大きくできるし、荷も積めると考えただろう。実際に八丈島までイノシシ数頭は運んでいるわけだし、縄文土器も割らずに多数持ち込んでいるし、大型イタオマチプか双胴船ぐらいがなくてばできない芸当だと思うのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/261-382cf750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック