湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
菌付け時期を逃しホダ木を一年放置したけど3本はセーフ

DSC_0279.jpg
この中で一番デカイのは直径25センチ以上もある。知らぬまにこんなに育っていた。
DSC_0264.jpg
こんなに大きく数があるとどうやって食べたらいいだろ?

DSC_0273.jpg
秋になったら最初に赤いキノコばかりが出てダメかと思ってたが3本はセーフだった。
DSC_0267.jpg
これはデカイのを採った残りだけど、まだたくさん生っている。


いやー驚いた! 今朝家の裏庭をのぞいたら、あきらめていたシイタケのホダ木に巨大なシイタケがいっぱい生っていたのだ。3年前の林道法面工事あとに残されたコナラの木を拾ってきたのだが、菌付け時期を逃し(遅くなり菌を売ってなかった)、翌年春まで庭に置いてから菌を打ったのだけど、雑菌が先に入るからダメかもしれないと言われていた。で、今年の秋に赤い名前の知らないきのこがたくさん出てきて、やはりダメだったかとがっかりしたけど、そのまま放置してたら太い6本のホダ木のうちの3本にたくさん生っていて、まあびっくらこいた。

写真のホダ木は巨大なシイタケを採ったあとのものだが、それでもまだ売られているのよりおっきいのが残っている。一番デカイのは直径25センチ以上あるからどうしたものかと迷うほど。ま、少し干して水分を抜きバター炒めなどにしていただきますか。しかし、一本が30キロぐらいあるホダ木だけど、以前太い木には小さいのしか生らなくて、そんなものかと思ってたが、これは間違いだった。

これまで毎年シイタケが生ってたホダ木はもう4年経ち春には少し生ったけど秋はほぼダメで数個のみ。なのでたった3本ではあるけど、太い木だし、これでまた続けて4、5年は楽しめそうで嬉しい。2、3年に一度はホダ木を仕入れて菌打ちをしたいね。シイタケが好きで料理によく使うがかなり高価だし自前で作れると贅沢にできる。ま、これも田舎暮らしのいいところだな。

10:14:0047

それと、少し前に庭で収穫したムカゴの写真。これも都会ではあり得ないだろうし、草取りや庭木の剪定などまめにやらないおかげかも。このムカゴでムカゴご飯を作り美味しくいただきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/263-e2864483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック