湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
やっと茶碗蒸しが成功し、炊き込みご飯にも初挑戦

DSC_0788 (1)

DSC_0784 (1)


茶碗蒸しの連続失敗で、なんとかこれをクリアしたいと思ってたけど、具によさそうなエビを見つけ、これと生椎茸だけで作ってみることにした。また、具を探してたときに干し椎茸も発見し、いつか作ってみたいと思っていた炊き込みご飯も同時にトライすることにした。ただ干し椎茸は3時間水で戻さないとだめなので、最初に椎茸を水に浸し、他の材料を刻んだり、卵を漉したりとのんびり下準備をする。

茶碗蒸しはブラックタイガー一匹を茹で、皮を剥いてワタを外しておく。前回茶漉しで溶いた卵を漉したら、目が細くてなかなか通らなかったから、今回はまずザルで漉し、次に茶漉しでやったら、上手くいった。具材を切り、器に入れ、前回失敗したのと同じ轍を踏まないよう、まず出しに調味料を入れ味見してから卵と混ぜたし、水の量を少なくし、先に沸騰させてから3つの器を入れた。器にはアルミホイルで蓋をし、穴を開けておいた。なので、今回は3つともほぼ成功だった。ただ器が大小なので、それぞれ出来上りの時間が違い、これが困った。

炊き込みご飯は土鍋で炊いたが、出しと椎茸の戻し汁に具の椎茸、ささがき牛蒡、人参、舞茸、油揚げがないのでさつま揚げの水分を少し抜いたのをそれぞれ適当な大きさに切って入れ、砂糖、酒、薄口醤油、塩の順で加え煮る。具をザルに取り、煮汁はボールへと分ける。1合の米を洗い30分置いたのを土鍋に移し、200ccの煮汁を張り、具を合わせて混ぜコンロへかけた。タイマーを20分にセットし、今回は鮨飯の時と違い3分中火で4分ぐらい強火、といっても我が家のコンロは火力があるから、中火は弱火で強火が中火ぐらいになるが、沸騰したらごく弱火にし、タイマーが鳴る12、13分後ぐらいまで炊いていく。蒸気が少なくなり、鍋底からチチチチと小さな金属音のようなのが聞こえてきたら火を止め、12分ほど蒸らし完成である。わりと上手くいったように見えるが、少し食べてみたらちょっと甘いような・・・。ま、手順が分かったし、何度かやっているうち味付けも上手くできるようになるかも。これ、今日の昼飯に。

で、いま食べてみたら茶碗蒸しの味は出しが効いてバッチリだけど、スプーンですくうとすぐ崩れるからも少し固めた方がよかったかも。炊き込みご飯の方はやはりちょっと甘めだったが、味はよく染み込んでいて、おこげもあったりで充分美味しいものに仕上がっていた。だし汁の味見をしたときはかなり濃いかもと思ったが、もっとしっかり確認しておけばよかった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/277-2344bdf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック