湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
酢味噌の味は予想どおりだが、葱を少し茹ですぎた

DSC_1017.jpg


葱ぬたは昔から好きだけど、我が家ではお願いしないとなかなか登場しないので、いつかは自分で作れるようになれたらいいな〜ぐらいには思ってた。で、それを思い出し、和食を作りを始めた今がチャンスと、今日も風が強くお客を中止し、昼飯を作るついでに挑戦してみた。で、酢味噌は甘酸っぱい予想どおりの味になったが、葱を茹でるのを失敗。すぐ茹だるものだと思ってたが、なかなか柔らかくならないのだ。何度も箸でつまんで硬さをみるけど、やっとしなしなしてきたなと思ったら、すぐにクタクタ状態に変化する。それと、色を落とさないため、お湯に油を数滴(のつもりがちょっと多かった)落としたのがいけなかったか。中華料理で色を落とさず表面をコーテイングする油通しがあるが、これの代わりに油を小さじ2杯ぐらい入れると同じ効果がある、というネット記事を見つけていた。で、ついでに試したら最初は見事に色が鮮明になり、しばらくそれが続いたが、コーテイングがいけなかったのか、なかなか茹らないのだ。で、たっぷり油を吸った葱を酢味噌の上に乗せたら、油が酢味噌に流れ出してしまった。でも、葱も柔らかくて初めてとしたらまあ満足。

酢味噌は味噌2、砂糖1、みりん0,5ぐらいを小さな鍋に入れて、中火にかけてよく練り、とろみがついたら火を止め、酢1と練り辛子少々を加え、また練る。酢のせいかトロトロになりすぎた気がして、これをまた火にかけ、少し水分を飛ばしてみた。まあ、これが良かったか悪かったか分からないが、簡単なレシピだし、魚の酢味噌和えなんてもが次のテーマになりそうだし、味も作り方も調整できそうだった。また、他にも味噌を使う柚味噌とか胡麻味噌とかもあり、これも何かと合わせて一品にするもの。これらも徐々に覚えていくつもりだが、何事もまずは一歩を踏み出すところから。今回はまあいい失敗でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/287-9e533767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック