湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
とても香りが高く風味いっぱい。だしの素では無理な味

DSC_1107.jpg
右はリゾット風雑炊でとろけるチーズをたっぷり入れてある。和洋折衷のような朝食だが、ま、食べやすい。

今朝、自作出汁パックを初めて使ってみたが、水700CCぐらいに1パック入れ、5分ほど煮出したらなんとも言えないいい香りがキッチン中に充満し、もうこれだけで美味い出汁が出たのが分かった。お玉に取り味見したが、甘くしかもコクがあり、ついたくさん飲んでしまった。「これはひょっとして出汁の素に勝るかも」と思ったが、味噌汁を作って頂いてもやはり出汁の味と香りを強く感じ、思いは変わらなかった。これまでも鰹節と昆布、アゴで出汁をとっているがここまで香りがしたり、濃かったことはないので、それに追加した干し椎茸、カタクチの煮干しの効果と水との割合なのだろう。香りの強さは干し椎茸が一番だろうし、すりこぎで粉にしたアゴやいりこも水によく溶け出しいつもより香りや味に貢献してたかも。

味噌汁の具は椎茸、大根、ネギ、油揚げ、豆腐。これだけ入れても出汁の味がはっきり分かる。右の雑炊は、ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒め、そこに椎茸、ピーマン、玉ねぎ、ネギ、ニンジン、ベーコンをみじん切りにしたのを加えてよく炒め、冷やご飯と作った出汁を合わせて煮込み、塩・コショウし、最後にとろけるチーズをたっぷり入れそれが溶けたら完成。以前からよく作っていた雑炊だけど最近とろけるチーズを入れるようになったのが違いかな。ともあれ、自作の出汁は味をだしの素のように濃くすることもできるし、香りを高くしたり、上品な澄まし汁にもできるというのが今回分かった。また色々やってみよう。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/290-65cc963f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック