湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう少し幅広で長くならないかと少し試してみた

DSC_1149.jpg
ウッドパテで隙間を埋め、昨日一回目のニスを塗ったところ。3回塗る予定だがどんな仕上がりになるやら。

DSC_1151.jpg
鉋刄を出しすぎて削り節が分厚くなってしまった。これではいい出汁がでないらしい。

DSC_1158.jpg
刃を引っ込めたらここまで薄くなったが、まだ厚いし長さも短い。これが倍になるようにしたいね。

DSC_1164.jpg
追加:この記事をアップ後、台直し鉋で鉋台を削って歪みを修正し、刃が平均に出るようにしたらかなりよくなってきた。


この鰹節削り器を作ろうと思ったのは、19日の項に書いた理由とはまた別なきっかけもある。それは以前紹介したイシバシレシピに新橋の「京味」という料理店の主人「西健一郎」さんが筍料理を作る番組があり、まず始めに鰹節を削り出汁を引く場面が出てきたのだ。それに使われてた鰹節削り器が写真の削り器と同じような造りで、箱に鉋を乗っけただけの、しかも使い込まれてボロボロのものだった。でも、削られた鰹節は幅広で長くとてもきれいでそのギャップに感動した。これなら蓋とか引き出しもないし、ひょっとして自作できるかもしれないとトライしたわけである。

で、まだウッドパテで隙間を埋め、昨日一回目のニスを塗ったところだけど、もう少しきれいに削れないだろうかと急に思い立ち、今朝、鉋刃を調整し、試したら少しはよくなってきた。鉋刄は先日研いでよく切れるが、刃の出し方が微妙で、これまでは切り刃の真ん中周辺から左は刃が鰹節に当たるが、右端は滑る状態だった。そこで木槌で鉋刄の頭を叩いて刃を出したら、右側も引っかかるようになったが、写真下のように分厚いものに。削り華は薄く柔らかくなくてはいけないので、今度は台の頭を叩いて刃を引っ込め、鉋刄の頭の左右も叩いて均一に出るよう調整したら、薄く削れるようになったのだ。

でもまだ長さが西健一郎さんの削り華の半分ぐらいしかないような。これは鉋刄の性能の違いかもしれないが、鰹節の状態にも原因がありそうに思える。鰹節を削りながらうまく成形すれば徐々に長くなっていくかもしれない。ま、較べている西健一郎さんはミシュランの三ツ星を蹴ったすごい料理人で、フランスがミシュランに対抗して世界のトップ1000のレストランを毎年選んでいるが、その第2位が西さんの京味というぐらいだから、もちろん鰹節削りもプロ中のプロだろう。それよりすごいと思うのが、父親が食通でも知られる明治の元老西園寺公望の伝説お抱え料理人西音松で、健一郎さんも若い頃から評判の料理人だったが、料理に迷い、30代の半ばに、引退してた父親に教えを請い、修行したというとんでもない人。較べる方がおかしいが、ま、鰹節削り器を真似たということで。でもせめてもう少し美しい削り節になるようにはしたいね。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/291-3b687c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。