湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
最近、港の中に見たことない鳥が泳いでいる

DSC_1443.jpg

一週間ぐらい前、港の中で見たことない鳥が泳いでいるのを発見。今日はカメラを持っていたので85ミリレンズだけど撮影してみた。で、顔の白いのを撮ってたら、もう一羽、これも初めてのやつがどこからか現れた。一緒に泳ぐし、どちらも頭に冠があるし、たぶんつがいだろうと思ったが、あとで図鑑を調べたらどうも違うよう。顔の白い方はカンムリカイツブリでいいと思うが、カンムリカイツブリは雌雄同色となっていた。図鑑の隣ページに載ってるハジロカイツブリが似ていて、これかな〜って内容を調べると、「小型のカイツブリ」とされている。でもカンムリカイツブリより大きいし、記載されてたサイズもまるで違っていたから別物のよう。

で、図鑑の水鳥のページをツラツラとめくっていると、最後の方にウミアイサがあり、つがいのメスが似ていいるように見えた。図鑑では胸のあたりがもう少し茶色だけど、クチバシのソリ具合や赤いところ、首の太さや長さなどが同じだから、たぶんこれでいいのだろう。この2種はユーラシア大陸などに生息し、越冬のため日本にくるらしいが、もしかして一緒に飛んできたのだろうか。ま、珍しい鳥を見かけたということでした。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/297-6615d11a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック