湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芽が出そうなのは食べない?


2009:4:7:2:1171
同じものを別角度から/
2009:4:7:2


未使用写真にも資料となるものが残っているもんだ。
撮影したときは誰の仕業かどんな状態なのかよく分からなかったのだね。
これ、2009年4月7日撮影で、前回も4月だったが、森に木の実などまったくなくなる頃、埋めたのを掘り出したのだろう。

ただ、どちらも食料不足の時期なのに食べ残しているのは、ドングリが発芽したり、皮が割れていまにも発芽しそうだからか。
これ、美味しくないのかそれとも食べられないのか?

写真は同じものを別の角度から撮ったもの。
これを見ると、埋めたのはなんとなくだが巣穴ではなさそうに思える。
前回のも掻き出した土の量が多くわざわざ穴を掘って埋めたもののように見えた。

ネズミの行動は分からないことばかりだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
窯焚きで、積んである薪を崩していくと、必ず落葉を集めたネズミの巣が出てきます。
餌台の近くのストーブ用の薪の中からは、ひまわりの種が出てきます。これもネズミの仕業でしょう。
2013/12/26(木) 11:47 | URL | issyok #nmxoCd6A[ 編集]
足りない知識をつなぎ合わせて考えてみると、このネズミハツカネズミの可能性が高い?

家ネズミの他2種(ドブネズミ、クマネズミは体が大きくそんな狭い場所や外に巣は作らないだろうと思えます。

野ネズミのハタネズミ亜科2種(ハタネズミ、スミスネズミ)はほとんど地中に巣を作る。

あと残るは、アカネズミとヒメネズミだが、ヒメネズミは木の実や昆虫を好むから、人家の回りにまず居ないだろう。

アカネズミが問題で、わりとどこにでもいるネズミ。
だけど、ドングリやクルミ、松の実が薪小屋の近くにある?

一方、ハツカネズミは外と繋がる納屋だとかに巣を作り、昆虫なども食べるよう。

ま、この2種のどちらかだと思う。
2013/12/26(木) 15:06 | URL | take隊員 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/30-dbd17a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。