湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
朝飯の唐揚げ丼を作りながら煮物第二弾にトライ

DSC_1569.jpg
昨夜の残りの鳥の唐揚げ2個をスライスして唐揚げ丼に。丼はふつーのおとーさんの茶碗の大きさと変わらない。

DSC_1556.jpg
昨日の煮物の第二弾として、もう一つ残った唐揚げと残り野菜を乱切りにして鳥肉の揚げ煮を作ってみた。


昨日の夕飯に出た鳥の唐揚げが3個残っていたから、今朝はその2個を使い簡単な唐揚げ丼を作ったが、昨日のふろふきがまあまあうまく出来たのに味をしめ、第二弾として唐揚げ1つと残り野菜を使って煮物を同時に作ってみた。といっても煮物の方が手がかかるから、こちらの準備をまず先に。昨日の味噌汁のだしの残りはあるけど、昆布だしにすることにして、薄口醤油、みりんと砂糖で味付けする。野菜は昨日の残りの辛味大根とにんじん、干し椎茸を戻したのが冷凍されてたので、解凍し、硬いにんじんと大根は3回チンして柔らかくした。まずはだしの味をみながら、大根、にんじん、椎茸を入れ弱火でクツクツ煮ていき、10分ぐらいで柔らかくなったところに唐揚げを入れ蓋をし、4、5分して出来上がり。そうそう、忘れてた。味噌汁用に切り置きしてある油揚げも入れたし、だし昆布も小さく切って食べられるようにした。まだ昆布しか食べてないけど、なんだかいい感じじゃないかい。

昨夜はご飯を茶碗半分にひじきの煮物、唐揚げ3つ、ポテトサラダとレタス、キュウリの酢の物と錦糸卵、味噌汁の残りというメニュー。それぞれ少しずつだけど、私にとって一度に唐揚げ3つは多いぐらい。でも、肉はあとを引くね。昨夜からあす朝は唐揚げ丼にすると決めてたもの。決して大きくない唐揚げ1つを3つにスライスし、6個が乗ってるからけっこうボリュームたっぷりに見えるはず。でも、この丼、普通の家庭のおとーさんの茶碗と変わらない大きさなのだ。下の煮物の鉢の方がはるかに大きい。スライスした唐揚げとネギの大きさで分かると思うけど、それでも朝からこの丼は重いような。昼は軽くもりそばぐらいにして、煮物はちょっとつまむ程度としよう。腹を指でつまむと1センチほどの脂肪がある。食べ過ぎに注意しようね。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/301-cf563f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック