湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
ケトン体エンジンが作動中で体重71キロ。2キロ減。

DSC_2323.jpg
昨日の昼食の肉うどんと、ウマヅラハギと明日葉、椎茸のてんぷら。うどんはもちろん1束50gで糖質31gだが、天ぷら粉がこれだけで大さじ2は入っているだろうから、小麦粉換算で9g(大さじ1杯)の糖質が(6,6g)だから、13gプラスして、合計糖質44g。糖質制限だけでなく、タンパク質や脂質も考え、肉うどんにしてみた。


前々項で紹介した水曜日の朝飯はご飯を少なくし(計ったら109g)、昼食はそば(乾麺)1束で糖質(35,9g)だった。その日の夕食は近くの一杯飲み屋でこんにゃくの煮物、シラスおろし(大盛り)を肴に芋焼酎のお湯割りを4杯飲む。それで早めに帰宅し、芋焼酎のお湯割りを作って、大根の煮物、十二庵の「すくい豆腐」の奴、青菜のおひたし、その他を肴に主食を抜いてしまったのだ。ということは他に糖質はほとんど入っておらず、ご飯(40g)+そば(35,9g)+大根(おろし+煮物で150g)(4,0g)+豆腐100g(1,7g)=81,6gで一日の摂取が終わってしまった。翌木曜日は前項でアップした通り、朝、ご飯100g(糖質37g)、昼、うどん50g(糖質31,2g)。この日の夕食も主食抜きで糖質はほとんど摂らなかったから、合わせて68,2g。ただ、少しずついろんなものに入っているから、多めに見積もって80g以下としておこう。という具合に、昨日日曜まで釣りの弁当も含め、主食をご飯、うどん、そばだけにし、おかずの数は増えたが、糖質はほぼ80〜90g以下できている。これ、あえてハードな糖質制限をしようと思ったわけでなく、ちょこっとどのぐらいまで耐えられるか試している状態なのだ。完全にケトン体エンジンが働いていると思うが、体調にまったく問題はなしで、わずかずつ体重が減少している。現在の体重71kg。体が甘いものを欲しがっているな、と思えるときがあったが、いまは感じない。けど、腹の減り具合がはっきり分かるようになったかも。これをいつまでも続けるつもりはないが、とりあえず体重が70kgを切るぐらいにまで糖質100g前後の幅をもたせた料理を作ってみようと思っている。もうすぐだけど。

で、いま私がよく口にするものや、一般的によく使われる食品の糖質を調べ、一覧表を作っているが、意外なものの糖質が飛び抜けて高かったりで、とても驚かされたり、これ好きなのに、たくさん食えないじゃない、なんてのが出てきている。一例を挙げると、もち(切り餅1個)50gに24,8gの糖質がある。正月など5、6個平気で食べてたし、うどんに1個入れるのはよくしていた。でも、うどん31,2g+24,8g=56gだから、朝食37gを足しても93g.。トータル100gぐらいには収まりそう。まだたくさんあるが、バナナ(1本)220gの糖質が(28,2g)、キウイフルーツ120g(1個)の糖質(13,2g)てのがある。ごく最近農協の直販所で買ったキウイを半分ずつ食ってるがまだいっぱい残っている。それより、毎年、佐渡の友人が送ってくれるとても甘い柿(1個)260g の糖質が(33,8g)と知り、困ってしまった。ま、1個260gはないように思うが。また、いつも続けざまに2、3個食ってるミカン(1個)100gの糖質が(8,8g)、タマネギ200gの糖質は(13,5g)、さつまいも(焼き)100gの糖質(35,5g)と続く。しかし、これらはケトン体分岐点の糖質130gまでハードルを下げれば、みんな食えるではないの。問題なし、セーフである。甘いジュース(60g)やビール(22g)を何本も飲んだり、牛丼の大盛りを食べたりしなければそう簡単に糖質過多にはならないのだ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/316-d199718e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック