湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
連休は毎日海で、林道へも3回行き山菜採り

DSC_3118.jpg
ニリンソウの群落。山菜採りの途中に確認に行ってみたら、こんなに咲いていた。毎年範囲が広がっているようだ。

DSC_3227.jpg
今朝4時半に目覚め、それからごぞごそと下処理してある魚をフライにしたり唐揚げにしたり。唐揚げの半分は味見がてら食べちまった。

DSC_3241.jpg
少しおすそ分けしてもらった松坂牛で牛丼を作り、わらびとワカメの味噌汁と、フライの残りの卵を炒めたのとヒジキなどで朝飯。味噌汁のだしはシラスの茹で汁。これうまいね。


もう何度タケノコご飯を食べたことだろう。今年の春は5度もタケノコを頂き、ほぼ毎日のようにタケノコご飯やてんぷら、煮物などを食べていた。わらびも3回採り、2回が大漁だったから、これも何度も味噌汁にしたり煮物にして食べた。タケノコご飯を朝昼連続で食べることも多かったが、肉入りにしたり味に変化をつけてくれたからか(タケノコご飯はすべてかみさん作)、まったく飽きなかったし、わらびも同じだった。でもタケノコはそろそろ終わりで、アク抜きして水に浸した小さな2塊があるだけ。で、連休が終わり、海が久々に休みで、朝4時半に目覚めてから釣って処理してある魚をフライにしたり、唐揚げにし、少しだけもらった松坂牛で牛丼を作って朝飯を食べたりと、のんびりしている。

ここ数日はすっかり暖かくなり、海で強い日差しに当たりながら釣りなどしてると汗ばんでくる。昨日は一昨日に較べ水温が一気に2度上昇(18度)した場所があり、今年初めてトビウオが飛んだのを見た。トビウオを目にして「アゴだし」がすぐ頭に浮かんだから、相当料理頭になっているようである。林道ももうすっかり春でにりんそうを確認しに行ったら、白い小さな花をたくさん付けていた。ただ、林道脇のいたるところがイノシシに掘り返されていて、ササ根を食べた裂きイカ状の痕跡があり、春先の食料の困難さが想像された。しかし、イノシシくんの食べ物、糖質や脂質、たんぱく質の比率はどうなっているのだろ。好きなタケノコには糖質やタンパク質が多めだし、オニドコロなどの芋類にも糖質は多いし、そこそこ糖質は摂っているね。でも、自然薯を食べた痕跡を見たことがないのが不思議。食べたら口の回りが痒くなる成分が嫌なのだろうか。

DSC_3122.jpg
林道のあちこちにイノシシが盛大に掘り起こした穴があった。ほとんどがササ根食いの痕跡だろう。下にササ根を吐き出した裂きイカ状のものがある。
DSC_3130.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/336-057e178a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック