湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
ついおかわりしてしまった「よくばりたけのこご飯」

DSC_3281.jpg
初めて作ったよくばりたけのこご飯。レシピ集には載ってないけど、これを考えつき、毎年春に作る楽しみができてしまった。

DSC_3257.jpg
油揚げを切らしていて、かわりになるものを探していたら、これを思いつく。

DSC_3279.jpg
わらびは別にだしと醤油、みりん、酒で煮、最後に合わせた。ミツバを刻んだのを散らしたが、山椒の木の芽の方がよかったような。


本日2回目の投稿。
たけのこが残り少なくなり、一度は作ってみたいと思ってたたけのこご飯に挑戦してみた。ただ、誰もが使う油揚げが無いから味が淡白になるかもと、何か他に入れるものがないか探していたら、ふと、残ってるめばるを入れて、鯛めしみたいにしたらどうだろうと思いつく。めばるが2匹あり、土鍋に入るかどうか試したら、小さい方がぴったりだった。ついでにわらびも入れて海の幸山の幸ご飯にしたらうまくなりそうに思えた。ただ、めばるはたけのこと一緒に炊いてもいいが、わらびは溶けてしまいそうで、別に煮てあとで合わせることにした。米はつや姫1,5合を洗い、浸水させずに水を切る。だしパックで引いただし300miに薄口醤油大さじ1,5、みりん1,5、酒3〜4、塩3、4g、ぐらいをアバウトに合わせて味を調整し、米、たけのこ、山椒の実、めばるを入れて中火(普通のコンロなら強火)で沸騰させ、弱火にして鍋底からチリチリと音がするまで煮、10分の蒸らし。で、めばるを取り出し、身をほぐして骨を除き、ご飯と混ぜ合わせる。それにわらびを乗せ、庭のミツバを散らして完成である。これ、一口二口目はあっさり風で淡白かな〜と思ったが、噛むほどに甘みが増し、口の中にじわっと広がる。塩気が少し足りないかな〜とも思うが、魚の甘さが感じられ、とてもうんまいのだ。一杯食べ終わり、もっと食べたくて、ここ何ヶ月もしてないおかわりをやってしまった。わたしの料理はめったに食べないかみさんもおかわりし、「釜飯屋など、こんな味じゃない」と。濃い味のものもうまいけど、これはこれでいいのじゃー、と思った。上のめばるのちびさんの唐揚げは昨日同時に2匹揚げた残りで、骨ごと頭までペロッと食べられた。このトゴットめばるは焼いたり煮たりしても身が硬くならないし、身離れがいいし、いい魚だ。ま、初めてのたけのこご飯は大成功ということで。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/338-f1ca9523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック