湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
湯河原はミニ雪国だった!


2010:2:2:4958


DSC_4910.jpg



2010:2:2:4760


2012:2:2:4795


2010:2:2:4804ニホンリスの足跡/


DSC_4827.jpg


30日に海から見上げた丹沢や箱根山の頂の雪を見て、目に浮かんだのがこれらの風景だった。
だけど、昨日2日に海へ出たら、丹沢はわずかに白いのが見えたけど、箱根はすっかり融けていた。

私は昔東京で山男とよく間違われたが、本物の山男はこんな景色が好きで山登りするのだろう。写真でしか見たことない世界だったが、雪の日でもクルマで林道下までは行けるのを知り、2010年2月雪の日に意を決して上ってみたらこの通り。

なんじゃーこりゃー、雪国じゃないか! と思ったのだ。

雪国のみなさんは、信じられないだろうが、この標高500mの林道から5キロ下の平地はまったくのドライで、地面が濡れている場所などないのである。

もちろん、この状態でクルマは通らないから、雪面にワダチや足跡が一つもない。ここを長靴で歩くのはほんとに気持ちがいい。

新雪の上にあるのは動物の足跡のみ。
こんな雪国が見られるのは日が昇って2、3時間から半日の間だけ。降った雪はすぐ融け枝から落ちてしまうから、地元の人でもこの状態を見ることはまずないだろう。

ほんのお散歩程度でこんな雪国へ行けるのだから、贅沢きわまりないね(地元自慢でした)。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
びっくりしたよぉー。
今年ではなかったので納得。

1、2月の湯河原では、駅前や温泉場で雨が降る時は、奥湯河原ではミゾレ、天昭山神社では雪です。

そんな雪国のサルを追っていたんだと思うと懐かしい。

今年も自然を楽しみたいですね。宜しく!
2014/01/03(金) 10:12 | URL | fukuda,fumio #-[ 編集]
昔から奥へ行くほど雪が深いのは知ってて、子供と遊びに行ってましたが、これほどの景色があるのが最近分かりました。

隊長はこんな雪の中もサルを追ったのですか?

今年はより具体的に動きたいと思っているのですが・・・。

よろしくお願いします。
2014/01/03(金) 12:20 | URL | take隊員 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/34-51473284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック