湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
盛り付けがほんとにヘタッピーですな

DSC_3339.jpg
カワハギの刺身と頭とアラの塩焼きと味噌汁。山椒の実とジャコを炒ったものと山椒の葉の佃煮のっけご飯。キャラブキ、ヤマウドのきんぴらなど。


今日は雨でチャーター船が流れ、下処理を終えて保存してある魚の中のカワハギの1匹を朝飯に刺身にしてみた。頭は梨割りにし、中骨と一緒に味噌汁と塩焼きにしたが、薄っぺらのように見えてもかなり身が付いていて薄っすらと脂が乗りとてもうまかった。もちろん刺身も甘みがあり上品なすばらしい味。味噌汁には地元のワカメが入り、ご飯の上にはジャコと山椒の実を炒ったのと山椒の葉の佃煮、左の器には林道で採ったフキのキャラブキとウドのきんぴらがあり、山の幸海の幸だらけ。緑はホントはセリのおひたしが入るハズだったが、これはもう全部食べてしまったようだ。ジャコの山椒の実は去年採って冷凍保存してるもので、山椒の葉の佃煮は今年のもの。刺身は大葉がなくて庭の大きなミツバの葉で代用したが、庭の1坪の畑から野菜が採れるようになったらもっと自給率が上がりそう。畑は苦土石灰を入れてから2週間が経ち、も一度土を掘り返してふるいにかけ、腐葉土と魚粉を撒いて耕し、キュウリ、ナス、ピーマン、ミニトマト、オクラとなんとスイカまでも植えてしまったのだ。それと、別の場所にゴーヤも。さてさてどうなりますことやら。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/340-3f8f3e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック