湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
今年は自前の野菜が少しは食べられそうだ

DSC_3484.jpg
左上がスイカで次に3つあるのがキュウリ。次の列の2本がナスで、その右の3つがピーマン。一番右にミニトマトが2本あり、ピーマンとの間がオクラ。


この縦1,3m横2,4mのほぼ1坪菜園は梅の木の下に作った。ここには菜園の左側下のある通路の石垣を修理したおりに出た残土を積んであり、スコップで掘り起こし、100キロ以上の石やササの根、一面に咲いてたオキザリスボウイの球根など取り除く作業から始めたのだ。そうだ、その前にまずぼうぼうに生えていた草を根切り鎌で取ることからやったのだった。で、苦土石灰を入れ、2週間後にまたスコップで掘り返し、買ってきたふるいにかけ、小石4、50キロとダマになった土30キロぐらいと、ササの根やらいろんな根を取り出した。それから、腐葉土と魚粉2キロを混ぜ込み、一つの畝がきれいな長方形になるよう成形し、しばらく置いてあった苗を植えたのだ。写真は約一週間経った状態。ミニトマトは先に買って鉢植えにしてたからすでに実を付けているし、ピーマンには白い花が見られる。これらが枯れずに育ったら、かなり混み合って窮屈になるだろうが、半農半漁のまねごとぐらいにはなるかも。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/344-979f2eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック