湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
初めて塩らっきょうを漬けてみたが上手くいったようだ

DSC_3487.jpg


農協の直売所かららっきょうを買ってきて、初めて塩らっきょうを漬けてみたが、見た目も味もまあ普通の塩らっきょうになったようだ。らっきょうって今が旬のようで、スーパーにも泥つきのを売っていた。作り方は料理家「笹原将弘」さんのやり方を真似てみた。らっきょうはたぶん一袋500gぐらいだろう、皮を剥いて茎の部分を切り落としたのを計量したら375gだった。これを750miの水に塩を100g溶かし、鷹の爪4、5本を入れて常温で寝かせ、ときどきビンを振るというもの。3日目から食べられるが、薄い塩水で塩抜きを5、6時間してから食べるのだ。塩が抜けると塩水が濃くなるので、途中で水を替えるといいそうだ。塩加減は自分の好みだから、あくまで目安。らっきょうが春が旬ならカツオも旬。ただし、この一見新鮮に見えるカツオだけど、大型漁船のマイナス60度の瞬間冷凍技術が普通になった現在、私にも冷凍ものか鮮魚なのか見分けがつかないぐらいだから、本当の初鰹かどうかは分からない。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」は江戸時代に読まれた句だが、私にはこれが不思議でどうもよく分からない。30年ぐらい前に聞いた話では鰹は3月の終わりから4月の始め、四国の南方沖合約30マイルぐらいで獲れ始め、徐々に北上し、四国沖、紀伊半島沖、7月ごろに伊豆諸島沖に達するというもの。カツオが好む水温は18度以上だから7月の伊豆諸島の水温が18度以上になっていたということ。今はね、5月終わりの福浦沖で20度を超える日もあるぐらい温暖化してるから、もう30年以上前の構図はなくなっているかもしれないが、江戸時代に鎌倉沖でカツオが獲れていて、それをお大尽が競って買い求めたというのだから、江戸時代は水温が高かったといいうことだろう。私はカツオが好きでボートで釣れるエリアに早く来ないか、心待ちにしてたが、黒潮が差して東伊豆あたりの水温が18度になるのは早くて6月後半で、通常7月半ばだった。新島や神津島あたりでカツオが釣れているのを指をくわえて見ていたのだ。このカツオ、バーナーで炙ってタタキにしたが、色や歯ごたえから想像するにたぶん冷凍ものだね。日本半周の旅の途中の7月後半、石巻漁港で500トンのカツオ船が冷凍カツオを下ろしているのを見たが、石巻から2昼夜走りっぱなしで赤道を越え、満船になるまで漁をして帰ってきたものだった。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/345-e1ef6da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック