湯河原・真鶴の野生生物を観察し、写真に記録すること。
イノシシはオニドコロの根を食べない


2013:1:24:1620
食べられずにあったオニドコロの根茎

2013:1:24:1571
イノシシに齧られたクズの根。しゃぶられたと言うべきか

2013:1:24:1636
大きな石は30キロを超える重さがある


2013年の1月24日に撮影し、そのまま忘れていた何かの根茎写真を見つけた。

このときはイノシシが林道脇を派手に掘り起こして、クズ根を食べたのを確認した。
その側に食べられないままあった何かの根茎。これ、一見うまそうに見えるのに口が付けられてないのが不思議だった。

で、今日調べてみたらオニドコロの根茎のようだった。
オニドコロの根は苦みがあるようで、有毒としている解説もあった。

ただ、若い根を大量に収穫し食べる地方もあるみたい。でも、よく似た根茎で小片を口に入れただけでシビレるものもあって、不用意に食べない方がよさそう。
これはカエデドコロ、キクドコロ、ウチワドコロあたりだろうとあった。
また、オニドコロの根はヒゲ根が多いところから、野老(トコロ)と呼ばれ祝い事などに添えらることもあるようだ。

ともあれ、昨年の冬は林道にエサが少なく、イノシシがクズを掘り起こした多くの穴を初めて見たのに、それでもオニドコロは食べなかったという一つの事実があった。(パソコンの中に)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
クズやヤマイモはサルも茎を引っ張って根茎を食べようとします。

オニドコロをまったく手をつけないとは、イノシシたちは学習する訳ではないのに、食べられる物とそうでないものを匂いで区別できるんだ。

イノシシとオニドコロの何十万年の関係の結果ですネ!
2014/01/21(火) 06:29 | URL | fukuda,fumio #-[ 編集]
やはり匂いなんでしょうね。
ちょこっと味見するなんてのはないのでしょうか? 齧ってませんものね。

フランスではトリュフなんてのをイノシシが探し当てるらしいし、鼻の能力はどのぐらいあるのか。知りたいですね。
2014/01/21(火) 07:22 | URL | take隊員 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takezoumaru.blog.fc2.com/tb.php/43-589856b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック